2005年5月9日

ウォークマンスティック

正直なところ、Apple も Sony も好きではない。
どっちも信者が多いからってのと、自分勝手なモノが多いことが大きな理由。
ただ、デザインとか狙うポイントがうまくて、売れたり、信者が増えたりしてる。
まぁ、それは今はどうでもいい。

ちょっと、見落としていたみたいだけど、ウォークマンスティック
ウォークマンのいろいろな経験が生かされていて、なかなかよさそうだ。
iPod shuffle と比較していい点は、
・電池の持ちがいい
・有機ELディスプレイが付いている
・FMチューナ付き
・グループで選曲できる(?)
悪い点は、
・大きい(厚さ、幅)、重い
・AAC非対応
・高い
・付属ソフトが使いにくそう(CDからMP3にできないなど)
だ。なんか挙げてみると、よくないかもしれない。

iPod Shuffleを持っているんだけど、一番の不満は、複数のプレイリストを管理できないこと。
各プレイリスト内でshuffle ができればいいんだけど、
1プレイリストしか入らないのに全曲shuffleはきつい。
ソニーのやつは、グループでできるように見えるのでいいかなと思った。
でも、他の悪い点もでかいのでいらないけど。

今や、携帯音楽市場は Apple の独占だ。
あまり好きな会社ではないので、面白くない。
ましてや、iPod shuffle は iTunes でエンコードしたAACしか再生できない制限まである。
こういうことをするのが気に食わない。

そこで、後発というか、負け組みはもっと考えて製品を作れないのだろうか?
著作権などの問題から、携帯音楽機器に転送するソフトが必要なのは、我慢しよう。
iTunes がそういう枠組みを提供して、一般に受け入れられているので。
Apple に対抗しようと思う企業は、購入や著作権管理や音楽転送のプロトコルなりを
オープンに共通で策定してはどうだろうか?

ソニーにしても松下にしても東芝にしてもクリエイティブにしても、
Appleに対抗して独自なことをしても勝てるわけがない。
ソニーはようやく ATRAC シリーズを主張し続けた間違いに気付いたわけだから、
そういうことをするにはいい機会だと思う。

音楽の販売から再生まで全てAppleに押さえられたら困るだろうに。
一人勝ちで困っていない Apple と一緒にやろうとしても、
ほんの少しの分け前に授かるために、Appleに頭を下げたり、ご機嫌取ったり、足元見られたり。
無駄に対抗して、ソニー系列のレコード会社の音楽は買えないとか、
消費者に面倒をかけるようなことにもなって欲しくない。

オープンが絶対とは言わないけど、独占に対抗するオープンは有効な手段だと思う。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ウォークマンスティック

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.sohda.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/63

コメントする

名前と電子メールの入力が必要です(入力された電子メールは公開されません)。