2005年6月15日

D-Cubic

ライブドアが発表した公衆無線LANサービスの D-Cubic

Yahoo と同じように、やっぱりインフラから自分で作らなきゃだめだ、という判断なのかな?

しかも、既存の公衆無線LAN のように、いわゆる HotSpot (モスバーガー○○店とか) じゃなくて、
それなりの広さ(HotArea とでも言おうか、最初は山手線の内側80%とか)をカバーするのが大きい。

月500円は安いね。
近くにアクセスポイントがあるなら、ADSL を契約する必要さえない。
VoIP の端末or ソフトウェアがあれば、電話回線がなくても電話ができるし。
ライブドアは Skypeサービスもやっているので、SkypeOut に対応すればより便利だろう。

つまり、無線LAN、VoIP 対応の携帯端末があれば、携帯電話が要らなくなるわけだ。
これからカバー率が上がれば、ますます携帯電話である必要性が薄れてくる。

かなりでかいと思う。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: D-Cubic

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.sohda.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/116

コメントする

名前と電子メールの入力が必要です(入力された電子メールは公開されません)。