2005年6月18日

UFO

日清のカップ焼きそばの UFO の由来は
・うまいソース
・太い麺
・大きなキャベツ
らしい。

この由来は本当だろうか?こじつけのような気がする。

週末、特に予定のない暇な朝の食事となることが多い UFO 。
カップラーメンほど油っぽくなく、作るのが楽なので重宝している。

ところで、世のお嬢様は、カップラーメンは食べたことがあっても、カップ焼きそばは食べたことがない、ということが多いようだ。今のところ、サンプル数は2。
一人は奈緒ちゃん。先月、うちでおなかをすかしたため、カップ焼きそばを食して克服。おいしい作り方も伝授(したはず)。
もう一人はみぽねぇ。今週のR25を読んでこのネタを教えてくれた。今度社内便でUFOを送ってみようかと思う(きっと迷惑なので、オレンジのときにでも手渡しで・・・)。

せっかくなので、カップ焼きそばのおいしい作り方をご紹介しようと思う。
基本的な手順は、パッケージに書いてある手順と同じである。
・ふたを線まで開けて、ソースと青海苔を取り出す。
・熱湯をたっぷり注ぐ。
・注ぎ終わってから、1分30秒ほど 待つ。
・ふたの上にはソースを置いておく。
・1分30秒ほど経ったら、線までふたを開いて、中の麺を箸でほぐす。
早すぎるとほぐれにくいが、遅すぎるのもよくない。
ちょっとかき混ぜるとほぐれるくらいがちょうどよい。
・ほぐしているうちに2分くらい経つので、湯きり口をはがして、お湯を捨てる。
途中で様子を見たりしない、一気に流す。で、しっかりきる。
・勢いよくテーブルの上に置く。こうするとふたに付いたキャベツが落ちていい。
・ふたをすべてはがして、麺を軽くかき混ぜて、水分を飛ばす。
・ソースを満遍なくかけ、間髪おかず、すぐにかき混ぜる。
ゆっくりしていると、一部分に染み込んでしまったりするので注意。
・麺がすべてソースで染まったらOK、青海苔をかけて完成!

最低限必要な部分はこれで押さえられていると思う。
カップ焼きそばによっておいしく作る方法が変わってくるので、気をつけよう。
特に、ペヤングソース焼きそば は奥が深い。上に挙げた方法ではダメだ。
ちなみに、ペヤングの由来は、「ペア+ヤング」 らしい。

今、ホームページを探してみて驚いたのだが、ペヤングソース焼きそばの製造元は、「まるか食品株式会社」というのだが、この まるか食品株式会社 ではないようだ。ペヤングソース焼きそばの「まるか食品株式会社」はホームページを持っていないらしい。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: UFO

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.sohda.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/121

コメントする

名前と電子メールの入力が必要です(入力された電子メールは公開されません)。