2006年3月21日

WBC初代王者日本

朝7時くらいに帰って寝て昼くらいに起きたら、ちょうど WBC の決勝をやっていた。

僕が見ると負けそうだったので、結果だけ見るようにしようと思っていたけど、ついつい見てしまった。
テレビを付けたときは、4回で 4-1。いい感じ。
5回に2点追加されて、さらにいい感じ。
しかし、6回と8回に2点づつ返され、1点差でハラハラ。
9回に4点追加で、5点差と突き放す、大丈夫だろうと思っても、やはり不安。
時間制のサッカーと違って、1回で5点くらい平気で入ってしまうからだ。
最後の一人までドキドキ。
で、その一人を押さえて、勝利!!

いやー、本当にうれしいね。日本優勝!!

野球の世界大会って、ちょっと前のオリンピックくらいだよね?
それが始まってから、日本は一度も優勝できてなかった(と思う)。

僕は、日本の野球レベルは世界で1位2位だと勝手に思っている。
だから、1大会で同じチームに2回負けるとか、決勝まで進めないとかはありえないと思った。
準決勝進出が絶望的になったときは、本当に信じられなかった。
2次リーグで韓国に負けた時のイチローのコメントは、よく分かる気がした。

奇跡的に準決勝に進めた後は、本領発揮と言わんばかりに素晴しかった。

そして、優勝!サイコーだ!



できれば、決勝で日本対アメリカを見たかったなぁ。



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: WBC初代王者日本

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.sohda.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/345

コメントする

名前と電子メールの入力が必要です(入力された電子メールは公開されません)。