2006年5月アーカイブ

2006年5月17日

養老 孟司のバカの壁以上のスピードで売れているという、藤原 正彦 の国家の品格を読んでみた。

なかなか面白く、共感できる部分が多いと感じる反面、議論の展開が乱暴に思えた。賛同も批判もたくさん受けそうな本だと思う。なぜ売れているのだろうか。その乱暴な議論がウケるのだろうか。それよりも、日本は今のままでいいのか、と危機感を持つ人がそれなりに多いからだろう。

つづく。

一時間くらいで簡単に読めるので、よかったらどうぞ。

2006年5月12日

丸山さんから Star Wars Episode IV, V, VI ビデオ を借りた。

なぜ、いまさらビデオか、というと重大な理由がある。

Star Wars には(たぶん)今の地球上に存在する文字は出てこない。
英語も日本語もフランス語もヒンズー語も出てこない。
初めからそういう設定になっているのかどうかは知らないが、今はそうらしい。

しかーし!Episode IV にはアルファベットが出てくるのだ!

僕は、Star Wars が好きだが、そんなに詳しくはない。
Episode IV 上映にリアルタイムで立ち会っているに違いない丸山さんに教えてもらうまで、英語とかは出てこない設定があるにも関わらず、アルファベットが出ている事実を知らなかった。

ぜひともその事実を確認したいが、最近のDVDなどでは修正されてしまっている。
初回上映を除けば、初版(?)のビデオでしか観れないらしい。

そこはさすが丸山さん。
初版のビデオはもちろん、LDまで持っているらしい。

そこで、丸山さんからビデオを借りて確認。
確かにとある機械にアルファベットが!!
(どこかはナイショにしておきます。検索すれば出てくるけど)

その弾みで、ついつい3部全部観ちゃったよ。
字幕が時代を感じさせます。