2006年5月17日

国家の品格

養老 孟司のバカの壁以上のスピードで売れているという、藤原 正彦 の国家の品格を読んでみた。

なかなか面白く、共感できる部分が多いと感じる反面、議論の展開が乱暴に思えた。賛同も批判もたくさん受けそうな本だと思う。なぜ売れているのだろうか。その乱暴な議論がウケるのだろうか。それよりも、日本は今のままでいいのか、と危機感を持つ人がそれなりに多いからだろう。

つづく。

一時間くらいで簡単に読めるので、よかったらどうぞ。



トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国家の品格

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.sohda.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/388

» 世界を救うのは武士道精神!!(日々是煩悩ナリ 〜ほりしん日記〜)~のトラックバック
国家の品格 藤原 正彦 会社の同期sohdaさんが読んだとか言う、「国家の品格」を読みました。 家の近くの本屋で、平積みにされてて 題名見た... 続きを読む

コメント(1)

» 跳印 :

俺もよんだ~ 「ならぬものはならぬものです」が良かった。

コメントする

名前と電子メールの入力が必要です(入力された電子メールは公開されません)。