2007年1月15日

インスタントコーヒー

家でコーヒーを飲むときは、たいていインスタントコーヒーだ。

一人暮らしを始めたころは、近くのコーヒーにこだわっているっぽい喫茶店で豆を買ってその場で挽いてもらって、ちゃんと煎れていた。
けど、一度にそんなに飲まないのと、片づけが面倒なこと、そして、

  コーヒーにはすぐにカビが生えやすい

ことなどから、煎れなくなった。


そんなわけで、インスタントコーヒーばっかり。
そのインスタントコーヒーも何も考えずにネスカフェのゴールドブレンド
こだわりがあるわけではなく、なんとなく、いつもそれを買っていた。

かなり前から、CMを見るたびに、牛乳にも溶けやすい(※1)というブレンディが気になっていた。
なぜか近くの東急ストアだと、袋状のものしか売って売らず、瓶のものを見つけたら試してみようと思ってそれっきりだった。というか、瓶のブレンディがちっとも入荷されなかった(※2)。

しかし、年末のある日、我慢できずに袋状のブレンディを買ってしまった(※3)。
で、帰って早速カフェオレを作ってみた(※4)

で、分かったこと:
・ゴールドブレンドよりは溶けやすい、なぜならブレンディの方が粉が小さいので
・溶けやすいだけで、溶けきってしまうことはない
・おいしくない、どうも味がカサカサな感じ

3番目の、おいしくないというのは致命的だ。
ブラックで飲んだわけではない。
カフェオレにしたにもかかわらず、おいしくないのだ。
違いの分かる男とは俺のことだ!


やっぱりゴールドブレンドに戻したいと思ったが、何を血迷ったのか一番大きい250gを買ってしまったので、それを使い切らねばならない・・。あぁ・・。


※1)いまいちなコーヒーは、コーヒーのまずさを消すために、牛乳たっぷりのカフェオレで飲むことにしている
※2)食料品の買い物は東急ストアでほとんど済ませているので、ほかの店で買おうとか考えなかった
※3)愚かにも、前に使っていたインスタントコーヒーの瓶を捨ててしまった(※5)ため、100円ショップで適当な瓶を買ってくる羽目になった
※4)食わず嫌いのようで申し訳ないが、独断と偏見により、※1と同様の理由
※5)書いていて思い出したが、相当長いことインスタントコーヒーを飲まなかったため、中身がカビたのかよく分からない状態になって固まってしまったから捨てたのだった



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: インスタントコーヒー

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.sohda.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/406

コメントする

名前と電子メールの入力が必要です(入力された電子メールは公開されません)。