日記の最近のブログ記事

2007年4月16日

丸山さんからのコメントで、音声でもというのがあったので、音声のリンクも貼っておこうと思う。

昔はどっかからMP3をダウンロードして聞いたような気がしたけど、今は iTunes で聞けるようだ。
https://deimos.apple.com/WebObjec...

さっそく、iPod にも移しといた。

さらに、iTunes にはスピーチのビデオまで置いてあった。
https://deimos.apple.com/WebObjec...

併せてどうぞ。

自動車・障害・生命保険・ローンなどの金融商品、不動産などの資産は投資対象と見るのに問題はないだろう。

仕事を投資対象として見ると、どうなるか。
投資に必要な資金は人生の一部だろう。
投資対象の切り替えは転職かな。
利益は給料とか人脈、職能。
リスク分散は本業と副業、人脈、職能。
投資対効果が大きいのは医者や弁護士とか。
税金はなんだろ。

自動車は投資対象にはならない。
パソコンなどと同じ消耗品だ。
こんなものはロクな担保にならないし、たいした融資も受けれない。
クレジットカードでキャッシングするようなもんだ。

あ、別に転職とか考えているわけじゃないよ。


そういや、最近、Webページを作るとき、SEO対策をするのは当然らしい。
広告やアフィリエイトとか頑張っている人は特にいろいろなSEO対策をしているらしい。
そうすると、中身のないページが上位に来て困るよな。

髪を切りに行ったときに美容師さんと話していて、ダイエット&運動を始めたんですよっていう話をした。途中で筋トレの話になり、ローラーでやるやつはかなり鍛えられますよという話を聞き、帰りに早速近くのオリンピックで買ってみた。

シェイプアップローラー →

さっき5分くらいやってみたんだけど、けっこうきつい。5~7秒で伸ばして戻って、8秒休憩みたいな感じだった。最後のほうとか、背筋というか腰がつらくなってくる。反った形でするから腰&背中にはよくなさそうだなぁ。反らないように頑張ればいいのかな。

なんとか5分やり遂げてみた。

きつかったなーとソファーに座り、体を横にひねった瞬間に、腹筋に痛みが・・。なんか足をつりそうなときの痛み。おなかを触ってみると、確かに硬くなってる。

2007年4月13日

(リンク先が消えたときのための自分用バックアップ。原文と翻訳。読んだことのない人はぜひ読んでみて)

原文 (http://news-service.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html

Text of Steve Jobs' Commencement address (2005)
This is the text of the Commencement address by Steve Jobs, CEO of Apple Computer and of Pixar Animation Studios, delivered on June 12, 2005.

I am honored to be with you today at your commencement from one of the finest universities in the world. I never graduated from college. Truth be told, this is the closest I've ever gotten to a college graduation. Today I want to tell you three stories from my life. That's it. No big deal. Just three stories.

The first story is about connecting the dots.

I dropped out of Reed College after the first 6 months, but then stayed around as a drop-in for another 18 months or so before I really quit. So why did I drop out?

It started before I was born. My biological mother was a young, unwed college graduate student, and she decided to put me up for adoption. She felt very strongly that I should be adopted by college graduates, so everything was all set for me to be adopted at birth by a lawyer and his wife. Except that when I popped out they decided at the last minute that they really wanted a girl. So my parents, who were on a waiting list, got a call in the middle of the night asking: "We have an unexpected baby boy; do you want him?" They said: "Of course." My biological mother later found out that my mother had never graduated from college and that my father had never graduated from high school. She refused to sign the final adoption papers. She only relented a few months later when my parents promised that I would someday go to college.

And 17 years later I did go to college. But I naively chose a college that was almost as expensive as Stanford, and all of my working-class parents' savings were being spent on my college tuition. After six months, I couldn't see the value in it. I had no idea what I wanted to do with my life and no idea how college was going to help me figure it out. And here I was spending all of the money my parents had saved their entire life. So I decided to drop out and trust that it would all work out OK. It was pretty scary at the time, but looking back it was one of the best decisions I ever made. The minute I dropped out I could stop taking the required classes that didn't interest me, and begin dropping in on the ones that looked interesting.

It wasn't all romantic. I didn't have a dorm room, so I slept on the floor in friends' rooms, I returned coke bottles for the 5¢ deposits to buy food with, and I would walk the 7 miles across town every Sunday night to get one good meal a week at the Hare Krishna temple. I loved it. And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on. Let me give you one example:

Reed College at that time offered perhaps the best calligraphy instruction in the country. Throughout the campus every poster, every label on every drawer, was beautifully hand calligraphed. Because I had dropped out and didn't have to take the normal classes, I decided to take a calligraphy class to learn how to do this. I learned about serif and san serif typefaces, about varying the amount of space between different letter combinations, about what makes great typography great. It was beautiful, historical, artistically subtle in a way that science can't capture, and I found it fascinating.

None of this had even a hope of any practical application in my life. But ten years later, when we were designing the first Macintosh computer, it all came back to me. And we designed it all into the Mac. It was the first computer with beautiful typography. If I had never dropped in on that single course in college, the Mac would have never had multiple typefaces or proportionally spaced fonts. And since Windows just copied the Mac, its likely that no personal computer would have them. If I had never dropped out, I would have never dropped in on this calligraphy class, and personal computers might not have the wonderful typography that they do. Of course it was impossible to connect the dots looking forward when I was in college. But it was very, very clear looking backwards ten years later.

Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life.

My second story is about love and loss.

I was lucky — I found what I loved to do early in life. Woz and I started Apple in my parents garage when I was 20. We worked hard, and in 10 years Apple had grown from just the two of us in a garage into a $2 billion company with over 4000 employees. We had just released our finest creation — the Macintosh — a year earlier, and I had just turned 30. And then I got fired. How can you get fired from a company you started? Well, as Apple grew we hired someone who I thought was very talented to run the company with me, and for the first year or so things went well. But then our visions of the future began to diverge and eventually we had a falling out. When we did, our Board of Directors sided with him. So at 30 I was out. And very publicly out. What had been the focus of my entire adult life was gone, and it was devastating.

I really didn't know what to do for a few months. I felt that I had let the previous generation of entrepreneurs down - that I had dropped the baton as it was being passed to me. I met with David Packard and Bob Noyce and tried to apologize for screwing up so badly. I was a very public failure, and I even thought about running away from the valley. But something slowly began to dawn on me — I still loved what I did. The turn of events at Apple had not changed that one bit. I had been rejected, but I was still in love. And so I decided to start over.

I didn't see it then, but it turned out that getting fired from Apple was the best thing that could have ever happened to me. The heaviness of being successful was replaced by the lightness of being a beginner again, less sure about everything. It freed me to enter one of the most creative periods of my life.

During the next five years, I started a company named NeXT, another company named Pixar, and fell in love with an amazing woman who would become my wife. Pixar went on to create the worlds first computer animated feature film, Toy Story, and is now the most successful animation studio in the world. In a remarkable turn of events, Apple bought NeXT, I returned to Apple, and the technology we developed at NeXT is at the heart of Apple's current renaissance. And Laurene and I have a wonderful family together.

I'm pretty sure none of this would have happened if I hadn't been fired from Apple. It was awful tasting medicine, but I guess the patient needed it. Sometimes life hits you in the head with a brick. Don't lose faith. I'm convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did. You've got to find what you love. And that is as true for your work as it is for your lovers. Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do. If you haven't found it yet, keep looking. Don't settle. As with all matters of the heart, you'll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking until you find it. Don't settle.

My third story is about death.

When I was 17, I read a quote that went something like: "If you live each day as if it was your last, someday you'll most certainly be right." It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: "If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?" And whenever the answer has been "No" for too many days in a row, I know I need to change something.

Remembering that I'll be dead soon is the most important tool I've ever encountered to help me make the big choices in life. Because almost everything — all external expectations, all pride, all fear of embarrassment or failure - these things just fall away in the face of death, leaving only what is truly important. Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart.

About a year ago I was diagnosed with cancer. I had a scan at 7:30 in the morning, and it clearly showed a tumor on my pancreas. I didn't even know what a pancreas was. The doctors told me this was almost certainly a type of cancer that is incurable, and that I should expect to live no longer than three to six months. My doctor advised me to go home and get my affairs in order, which is doctor's code for prepare to die. It means to try to tell your kids everything you thought you'd have the next 10 years to tell them in just a few months. It means to make sure everything is buttoned up so that it will be as easy as possible for your family. It means to say your goodbyes.

I lived with that diagnosis all day. Later that evening I had a biopsy, where they stuck an endoscope down my throat, through my stomach and into my intestines, put a needle into my pancreas and got a few cells from the tumor. I was sedated, but my wife, who was there, told me that when they viewed the cells under a microscope the doctors started crying because it turned out to be a very rare form of pancreatic cancer that is curable with surgery. I had the surgery and I'm fine now.

This was the closest I've been to facing death, and I hope its the closest I get for a few more decades. Having lived through it, I can now say this to you with a bit more certainty than when death was a useful but purely intellectual concept:

No one wants to die. Even people who want to go to heaven don't want to die to get there. And yet death is the destination we all share. No one has ever escaped it. And that is as it should be, because Death is very likely the single best invention of Life. It is Life's change agent. It clears out the old to make way for the new. Right now the new is you, but someday not too long from now, you will gradually become the old and be cleared away. Sorry to be so dramatic, but it is quite true.

Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma — which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

When I was young, there was an amazing publication called The Whole Earth Catalog, which was one of the bibles of my generation. It was created by a fellow named Stewart Brand not far from here in Menlo Park, and he brought it to life with his poetic touch. This was in the late 1960's, before personal computers and desktop publishing, so it was all made with typewriters, scissors, and polaroid cameras. It was sort of like Google in paperback form, 35 years before Google came along: it was idealistic, and overflowing with neat tools and great notions.

Stewart and his team put out several issues of The Whole Earth Catalog, and then when it had run its course, they put out a final issue. It was the mid-1970s, and I was your age. On the back cover of their final issue was a photograph of an early morning country road, the kind you might find yourself hitchhiking on if you were so adventurous. Beneath it were the words: "Stay Hungry. Stay Foolish." It was their farewell message as they signed off. Stay Hungry. Stay Foolish. And I have always wished that for myself. And now, as you graduate to begin anew, I wish that for you.

Stay Hungry. Stay Foolish.

Thank you all very much.

日本語訳 (翻訳 市村佐登美 satomi (at) mediaexpress.org)

スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学卒業祝賀スピーチ(翻訳)

PART 1. BIRTH

 ありがとう。世界有数の最高学府を卒業される皆さんと、本日こうして晴れの門出に同席でき大変光栄です。実を言うと私は大学を出たことがないので、これが今までで最も大学卒業に近い経験ということになります。

 本日は皆さんに私自身の人生から得たストーリーを3つ紹介します。それだけです。どうってことないですよね、たった3つです。最初の話は、点と点を繋ぐというお話です。

 私はリード大学を半年で退学しました。が、本当にやめてしまうまで18ヶ月かそこらはまだ大学に居残って授業を聴講していました。じゃあ、なぜ辞めたんだ?ということになるんですけども、それは私が生まれる前の話に遡ります。

 私の生みの母親は若い未婚の院生で、私のことは生まれたらすぐ養子に出すと決めていました。育ての親は大卒でなくては、そう彼女は固く思い定めていたので、ある弁護士の夫婦が出産と同時に私を養子として引き取ることで手筈はすべて整っていたんですね。ところがいざ私がポンと出てしまうと最後のギリギリの土壇場になってやっぱり女の子が欲しいということになってしまった。で、養子縁組待ちのリストに名前が載っていた今の両親のところに夜も遅い時間に電話が行ったんです。「予定外の男の赤ちゃんが生まれてしまったんですけど、欲しいですか?」。彼らは「もちろん」と答えました。

 しかし、これは生みの母親も後で知ったことなんですが、二人のうち母親の方は大学なんか一度だって出ていないし父親に至っては高校もロクに出ていないわけです。そうと知った生みの母親は養子縁組の最終書類にサインを拒みました。そうして何ヶ月かが経って今の親が将来私を大学に行かせると約束したので、さすがの母親も態度を和らげた、といういきさつがありました。

PART 2. COLLEGE DROP-OUT

 こうして私の人生はスタートしました。やがて17年後、私は本当に大学に入るわけなんだけど、何も考えずにスタンフォード並みに学費の高いカレッジを選んでしまったもんだから労働者階級の親の稼ぎはすべて大学の学費に消えていくんですね。そうして6ヶ月も過ぎた頃には、私はもうそこに何の価値も見出せなくなっていた。自分が人生で何がやりたいのか私には全く分からなかったし、それを見つける手助けをどう大学がしてくれるのかも全く分からない。なのに自分はここにいて、親が生涯かけて貯めた金を残らず使い果たしている。だから退学を決めた。全てのことはうまく行くと信じてね。

 そりゃ当時はかなり怖かったですよ。ただ、今こうして振り返ってみると、あれは人生最良の決断だったと思えます。だって退学した瞬間から興味のない必修科目はもう採る必要がないから、そういうのは止めてしまって、その分もっともっと面白そうなクラスを聴講しにいけるんですからね。

 夢物語とは無縁の暮らしでした。寮に自分の持ち部屋がないから夜は友達の部屋の床に寝泊りさせてもらってたし、コーラの瓶を店に返すと5セント玉がもらえるんだけど、あれを貯めて食費に充てたりね。日曜の夜はいつも7マイル(11.2km)歩いて街を抜けると、ハーレクリシュナ寺院でやっとまともなメシにありつける、これが無茶苦茶旨くてね。

 しかし、こうして自分の興味と直感の赴くまま当時身につけたことの多くは、あとになって値札がつけられないぐらい価値のあるものだって分かってきたんだね。
 ひとつ具体的な話をしてみましょう。

PART 3. CONNECTING DOTS

 リード大学は、当時としてはおそらく国内最高水準のカリグラフィ教育を提供する大学でした。キャンパスのそれこそ至るところ、ポスター1枚から戸棚のひとつひとつに貼るラベルの1枚1枚まで美しい手書きのカリグラフィ(飾り文字)が施されていました。私は退学した身。もう普通のクラスには出なくていい。そこでとりあえずカリグラフィのクラスを採って、どうやったらそれができるのか勉強してみることに決めたんです。

 セリフをやってサンセリフの書体もやって、あとは活字の組み合わせに応じて字間を調整する手法を学んだり、素晴らしいフォントを実現するためには何が必要かを学んだり。それは美しく、歴史があり、科学では判別できない微妙なアートの要素を持つ世界で、いざ始めてみると私はすっかり夢中になってしまったんですね。

 こういったことは、どれも生きていく上で何ら実践の役に立ちそうのないものばかりです。だけど、それから10年経って最初のマッキントッシュ・コンピュータを設計する段になって、この時の経験が丸ごと私の中に蘇ってきたんですね。で、僕たちはその全てをマックの設計に組み込んだ。そうして完成したのは、美しいフォント機能を備えた世界初のコンピュータでした。

 もし私が大学であのコースひとつ寄り道していなかったら、マックには複数書体も字間調整フォントも入っていなかっただろうし、ウィンドウズはマックの単なるパクりに過ぎないので、パソコン全体で見回してもそうした機能を備えたパソコンは地上に1台として存在しなかったことになります。

 もし私がドロップアウト(退学)していなかったら、あのカリグラフィのクラスにはドロップイン(寄り道)していなかった。

 そして、パソコンには今あるような素晴らしいフォントが搭載されていなかった。
 もちろん大学にいた頃の私には、まだそんな先々のことまで読んで点と点を繋げてみることなんてできませんでしたよ。だけど10年後振り返ってみると、これほどまたハッキリクッキリ見えることもないわけで、そこなんだよね。もう一度言います。未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。だからこそバラバラの点であっても将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていくと信じなくてはならない。自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいい、とにかく信じること。点と点が自分の歩んでいく道の途上のどこかで必ずひとつに繋がっていく、そう信じることで君たちは確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。結果、人と違う道を行くことになってもそれは同じ。信じることで全てのことは、間違いなく変わるんです。

PART 4. FIRED FROM APPLE

 2番目の話は、愛と敗北にまつわるお話です。

 私は幸運でした。自分が何をしたいのか、人生の早い段階で見つけることができた。実家のガレージでウォズとアップルを始めたのは、私が二十歳の時でした。がむしゃらに働いて10年後、アップルはガレージの我々たった二人の会社から従業員4千人以上の20億ドル企業になりました。そうして自分たちが出しうる最高の作品、マッキントッシュを発表してたった1年後、30回目の誕生日を迎えたその矢先に私は会社を、クビになったんです。

 自分が始めた会社だろ?どうしたらクビになるんだ?と思われるかもしれませんが、要するにこういうことです。アップルが大きくなったので私の右腕として会社を動かせる非常に有能な人間を雇った。そして最初の1年かそこらはうまく行った。けど互いの将来ビジョンにやがて亀裂が生じ始め、最後は物別れに終わってしまった。いざ決裂する段階になって取締役会議が彼に味方したので、齢30にして会社を追い出されたと、そういうことです。しかも私が会社を放逐されたことは当時大分騒がれたので、世の中の誰もが知っていた。

 自分が社会人生命の全てをかけて打ち込んできたものが消えたんですから、私はもうズタズタでした。数ヶ月はどうしたらいいのか本当に分からなかった。自分のせいで前の世代から受け継いだ起業家たちの業績が地に落ちた、自分は自分に渡されたバトンを落としてしまったんだ、そう感じました。このように最悪のかたちで全てを台無しにしてしまったことを詫びようと、デイヴィッド・パッカードとボブ・ノイスにも会いました。知る人ぞ知る著名な落伍者となったことで一時はシリコンヴァレーを離れることも考えたほどです。

 ところが、そうこうしているうちに少しずつ私の中で何かが見え始めてきたんです。私はまだ自分のやった仕事が好きでした。アップルでのイザコザはその気持ちをいささかも変えなかった。振られても、まだ好きなんですね。だからもう一度、一から出直してみることに決めたんです。

 その時は分からなかったのですが、やがてアップルをクビになったことは自分の人生最良の出来事だったのだ、ということが分かってきました。成功者であることの重み、それがビギナーであることの軽さに代わった。そして、あらゆる物事に対して前ほど自信も持てなくなった代わりに、自由になれたことで私はまた一つ、自分の人生で最もクリエイティブな時代の絶頂期に足を踏み出すことができたんですね。

 それに続く5年のうちに私はNeXTという会社を始め、ピクサーという会社を作り、素晴らしい女性と恋に落ち、彼女は私の妻になりました。
 ピクサーはやがてコンピュータ・アニメーションによる世界初の映画「トイ・ストーリー」を創り、今では世界で最も成功しているアニメーション・スタジオです。

 思いがけない方向に物事が運び、NeXTはアップルが買収し、私はアップルに復帰。NeXTで開発した技術は現在アップルが進める企業再生努力の中心にあります。ロレーヌと私は一緒に素晴らしい家庭を築いてきました。

 アップルをクビになっていなかったらこうした事は何ひとつ起こらなかった、私にはそう断言できます。そりゃひどい味の薬でしたよ。でも患者にはそれが必要なんだろうね。人生には時としてレンガで頭をぶん殴られるようなひどいことも起こるものなのです。だけど、信念を放り投げちゃいけない。私が挫けずにやってこれたのはただ一つ、自分のやっている仕事が好きだという、その気持ちがあったからです。皆さんも自分がやって好きなことを見つけなきゃいけない。それは仕事も恋愛も根本は同じで、君たちもこれから仕事が人生の大きなパートを占めていくだろうけど自分が本当に心の底から満足を得たいなら進む道はただ一つ、自分が素晴しいと信じる仕事をやる、それしかない。そして素晴らしい仕事をしたいと思うなら進むべき道はただ一つ、好きなことを仕事にすることなんですね。まだ見つかってないなら探し続ければいい。落ち着いてしまっちゃ駄目です。心の問題と一緒でそういうのは見つかるとすぐピンとくるものだし、素晴らしい恋愛と同じで年を重ねるごとにどんどんどんどん良くなっていく。だから探し続けること。落ち着いてしまってはいけない。

PART 5. ABOUT DEATH

 3つ目は、死に関するお話です。

 私は17の時、こんなような言葉をどこかで読みました。確かこうです。「来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。そうすればいずれ必ず、間違いなくその通りになる日がくるだろう」。それは私にとって強烈な印象を与える言葉でした。そしてそれから現在に至るまで33年間、私は毎朝鏡を見て自分にこう問い掛けるのを日課としてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。

 自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。そして後に残されるのは本当に大事なことだけ。自分もいつかは死ぬ。そのことを思い起こせば自分が何か失ってしまうんじゃないかという思考の落とし穴は回避できるし、これは私の知る限り最善の防御策です。

 君たちはもう素っ裸なんです。自分の心の赴くまま生きてならない理由など、何一つない。
              
PART 6. DIAGNOSED WITH CANCER

 今から1年ほど前、私は癌と診断されました。 朝の7時半にスキャンを受けたところ、私のすい臓にクッキリと腫瘍が映っていたんですね。私はその時まで、すい臓が何かも知らなかった。

 医師たちは私に言いました。これは治療不能な癌の種別である、ほぼ断定していいと。生きて3ヶ月から6ヶ月、それ以上の寿命は望めないだろう、と。主治医は家に帰って仕事を片付けるよう、私に助言しました。これは医師の世界では「死に支度をしろ」という意味のコード(符牒)です。

 それはつまり、子どもたちに今後10年の間に言っておきたいことがあるのなら思いつく限り全て、なんとか今のうちに伝えておけ、ということです。たった数ヶ月でね。それはつまり自分の家族がなるべく楽な気持ちで対処できるよう万事しっかりケリをつけろ、ということです。それはつまり、さよならを告げる、ということです。

 私はその診断結果を丸1日抱えて過ごしました。そしてその日の夕方遅く、バイオプシー(生検)を受け、喉から内視鏡を突っ込んで中を診てもらったんですね。内視鏡は胃を通って腸内に入り、そこから医師たちはすい臓に針で穴を開け腫瘍の細胞を幾つか採取しました。私は鎮静剤を服用していたのでよく分からなかったんですが、その場に立ち会った妻から後で聞いた話によると、顕微鏡を覗いた医師が私の細胞を見た途端、急に泣き出したんだそうです。何故ならそれは、すい臓癌としては極めて稀な形状の腫瘍で、手術で直せる、そう分かったからなんです。こうして私は手術を受け、ありがたいことに今も元気です。

 これは私がこれまで生きてきた中で最も、死に際に近づいた経験ということになります。この先何十年かは、これ以上近い経験はないものと願いたいですけどね。

 以前の私にとって死は、意識すると役に立つことは立つんだけど純粋に頭の中の概念に過ぎませんでした。でも、あれを経験した今だから前より多少は確信を持って君たちに言えることなんだが、誰も死にたい人なんていないんだよね。天国に行きたいと願う人ですら、まさかそこに行くために死にたいとは思わない。にも関わらず死は我々みんなが共有する終着点なんだ。かつてそこから逃れられた人は誰一人としていない。そしてそれは、そうあるべきことだら、そういうことになっているんですよ。何故と言うなら、死はおそらく生が生んだ唯一無比の、最高の発明品だからです。それは生のチェンジエージェント、要するに古きものを一掃して新しきものに道筋を作っていく働きのあるものなんです。今この瞬間、新しきものと言ったらそれは他ならぬ君たちのことだ。しかしいつか遠くない将来、その君たちもだんだん古きものになっていって一掃される日が来る。とてもドラマチックな言い草で済まんけど、でもそれが紛れもない真実なんです。

 君たちの時間は限られている。だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。ドグマという罠に、絡め取られてはいけない。それは他の人たちの考え方が生んだ結果とともに生きていくということだからね。その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。

PART 7. STAY HUNGRY, STAY FOOLISH

 私が若い頃、"The Whole Earth Catalogue(全地球カタログ)"というとんでもない出版物があって、同世代の間ではバイブルの一つになっていました。

 それはスチュアート・ブランドという男がここからそう遠くないメンローパークで製作したもので、彼の詩的なタッチが誌面を実に生き生きしたものに仕上げていました。時代は60年代後半。パソコンやデスクトップ印刷がまだ普及する前の話ですから、媒体は全てタイプライターとはさみ、ポラロイドカメラで作っていた。だけど、それはまるでグーグルが出る35年前の時代に遡って出されたグーグルのペーパーバック版とも言うべきもので、理想に輝き、使えるツールと偉大な概念がそれこそページの端から溢れ返っている、そんな印刷物でした。

 スチュアートと彼のチームはこの”The Whole Earth Catalogue”の発行を何度か重ね、コースを一通り走り切ってしまうと最終号を出した。それが70年代半ば。私はちょうど今の君たちと同じ年頃でした。

 最終号の背表紙には、まだ朝早い田舎道の写真が1枚ありました。君が冒険の好きなタイプならヒッチハイクの途上で一度は出会う、そんな田舎道の写真です。写真の下にはこんな言葉が書かれていました。「Stay hungry, stayfoolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)」。それが断筆する彼らが最後に残した、お別れのメッセージでした。「Stay hungry, stay foolish.」

 それからというもの私は常に自分自身そうありたいと願い続けてきた。そして今、卒業して新たな人生に踏み出す君たちに、それを願って止みません。

Stay hungry, stay foolish.

ご清聴ありがとうございました。

今朝、金属の詰め物をしてきてとりあえずこの歯は終了。
あとは経過観察。
歯の部分と金属の部分の境目が気になる。

で、まだ他の歯にも虫歯があるそうなので、また行く予定。

目指せ虫歯ゼロ!

(治療跡だらけになりそうだ・・・)

2007年4月11日

最近、くびれたバスト、豊満なウエストがとても気になるので、なんらかの対処をしようかと思い立った。

世間で言うダイエットである。


ビリーズブートキャンプがテレビを賑わせているが、そんなものには頼らない(ビリーズブートキャンプで頑張りすぎてぎっくり腰になるひともいるしらしいし)。


簡単に、食べない&運動する、で行こうと思う。

食べない、という点では、
・1回の食事の量を減らす。
社食であれば、メインで小さい皿を取る。
・間食、夜食を取らない
・カロリーの高いお酒は飲まない。
焼酎、ウィスキーなどの蒸留酒メインで。
・外食、コンビニ弁当などを控える
焼肉とかも控えめに。

運動する、という点では、
・1日5kmくらい走るようにする
・ストレッチ&筋トレ
無理をしない程度に・・。


食べない方はそこそこ出来るかもしれないが、運動する方がなかなか難しいかもしれない。でも、


夏に向けて頑張るぞー!!


とりあえず、体重と体脂肪率、ウェストを量っておこう。

奨学金付きで大学入学から7年でドクターが取れるスーパードクターコースがJAISTで新設。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070411k0000m040052000c.html


入る前から優秀&ドクターを決め付けちゃっていいのかな。
入学してから花開いた人はどうなるのかな。

飛び級をもっと積極的にする方がいいと思うけどなぁ。


7年間研究だけで手厚く育てられて世間知らずな研究者ができあがったり。あ、その前から知ったかぶりの世間知らずだらけか。


ま、行き場所が増えないと博士が100人いる村のストーリーがどんどん悲惨になるだけだな。

カテキンはポリフェノールの一種。


へー。

2007年4月8日

すっかり忘れていたけど、ニュースを見て思い出したので行ってきた。

候補者が誰かもよく知らなかったので、神奈川県選挙管理委員会のページに行ってみた。
候補者一覧は出ているけど、党派とか職業以外情報がない。
新聞に入れてる候補者のメッセージみたいなのもあればいいのに。

で、いざ投票へ。
行くのが遅かったせいか、僕一人で貸切状態。
受付、名簿確認、票発行係り、立会人など10人くらいいた。
公正さのためかもしれないけど、コストかかってるよなぁ。

投票所に入って出てくるまで、3分かからない。
たった3分でも面倒くさくて来ない人は多いんだろうな。
確かに、行かない(0分)と行く大違いだからなぁ。

さて、開票結果はどうなるだろうか。
当落よりも投票率が気になるものだ。


追記。
神奈川県知事選挙は開票とほぼ同時で現職が当確。早すぎだー。
実際の開票済み得票数じゃなくて、出口調査とかだけで判断してるのかな。

2007年4月2日

診療開始10分前くらいに到着。一番だった。

久しぶりに診察台の座る。断頭台の上った死刑囚の気分だ。

まず、歯を一通りチェックしてもらう。
そのとき、電動歯ブラシみたいな形をしたデジカメ(?)みたいなやつで、患部の写真を取っていて、診察台の液晶画面でチェックできる。最近はハイテクだなぁ。

隣には後から来た患者が座っている。さっそく削られている。あの恐ろしい音が聞こえてくる。

レントゲンを撮ってみたところ、神経のギリギリ手前とのこと。治療方法としては、3Mix-MPでっていうのをあらかじめ言っておいたのもあるので、3Mix-MPでやってみましょうとのこと。もしそれでも痛かったら神経を抜きます、とのこと。問題の歯はその歯は横から攻められていてる。昔、上からも攻め込まれたので、金属が詰めてある。そこで、削って金属を取り除くとのこと。

ぎょえー、削らずに済むかと期待していたら、こんなところで削るハメに!
覚悟を決めて麻酔なしで削られる(痛かったら麻酔しますとは言ってた)。処置をするときはタオルで目隠しをされるのだが、これがいいのかどうかはよく分からない。

あの恐ろしい音とバキューム音が近づいてくる。遂に削られる瞬間が!!

あまり痛くない。どちらかというと、バキュームが吸う時の冷たい空気と削るときの水がしみる感じだ。
振動が非常に心地悪い。体に力が入る。意識して力を抜いてみたりする。
後半になるとたまにビクッと痛い。

そんなこんなで、なんとか削り終わったらしい。
削った部分を洗って乾かすのが、これまたしみる。
患部を見せてくれて、じゃあ、3Mix-MPでやっていきますね、と。
けっこうポッカリ空いてる。

また目隠しをしていたので、よく分からないけど、多分クスリを塗って、セメントで埋め戻されたのだと思う。
3Mix-MP 自体はけっこう短時間なんだな。

そのあと、セメントをちょっと削って形を整えて終了。

会計をして、念のため、痛み止めをもらう。
その歯医者では、3Mix-MPも通常の診療の範囲(ボランティア?)らしく、特別な料金はかからない。全部で2000円しなかった。

あと数回行くかな。痛みが出なければ、セメントを削って型を取って埋める。そうするとあと2回かな。

あー、トニオ・トラサルディーのレストランに行きたい。

行こう行こうと思っていた歯医者にようやく行ってみた。

最後に歯医者に行ったのは大学を卒業する前なので、4年以上前。このときは、予防歯科な感じだったので、最後に歯医者で治療したのは高校生のときかもしれない。

虫歯があるなーと分かっていたんだけど、痛い治療過程が嫌という子供と同じ理由で行かないでいた。けど、時々、何もしなくても痛むので、行くことにしてみた。

で、問題は歯医者選びだ。
あまり削らず、痛くない治療や最先端の治療をしてくれるところがいい。つまり、レーザーや3Mix-MP法でやってくれるところだ。が、なかなか両方をやっているところはない。

今回の虫歯はけっこう大きめだろう予想。大きいと神経を抜いたりしなきゃいけないらしいが、抜かれると歯が弱るらしい。そこで歯医者選びでは、抜かなきゃいけない場合でも抜かずに治せる3Mix-MP法対応を優先してみた。

家から2駅くらいのところに2軒くらいあったので、ホームページを見て、評判を調べて決定(正直なところ大きな差はなさそう)。

昨日の夜にネットから今日の朝一を予約してみた。
そしたら、1時間後くらいに院長先生から返信。
混んでるだろうけど、いいよって。

2007年3月30日

http://youtube.com/watch?v=fFqQOlYE4EE

勇気あるなー。
てか、通行止めとかにせずにやったのか。
人が来なかったのはラッキー?

東京でするなら、千代田線の新御茶ノ水駅か南北線の後楽園駅あたりかなぁ。

2007年3月29日

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0703/29/news109.html

いいな、これ。
CDやDVDも見れたらいいのに。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0703/29/news109.html

いいな、これ。
CDやDVDも見れたらいいのに。

2007年3月24日

新年度が始まるんだなあ、
山積みされたNHKの英会話のテキストを見かけると思う。

2007年3月7日

今日はいろいろうまく行かない日のようなので、不貞寝します。
おやすみなさい、明日からまた頑張ります。

ぴあの星占いによると、今日の双子座は超ラッキーなはずだったんだけどなぁ・・・(てきとー)。


http://www.tokyu.co.jp/delay/print.php?d=20070306_2
↑一因
あと3つくらいある。

2007年2月22日

ありがちな、母親からの初携帯メールでした。

母親は6年以上前から携帯を持っていたけど、メールなんかいらない(したくない)ということでiモードはなしの契約だった。なんでメールが嫌かというと、母親は手紙とかをすごく推敲しまくるから、メールを始めたら時間がかかってしょうがないとかいう理由だった。

だけど、時流に逆らえず、やっぱりメール付がいいと言い始め、タイミングよく充電器(のスタンド)が壊れたので買い換えることになり、そのついでにiモードも契約してメールも始めることになった。

で、母親が買った携帯はN703iμ。昨日くらいに発売になった携帯。薄いのがいいし、新しいほうがいいという理由で、6年以上前のN502iから最新機種へ。

理由の差はあるが、最新機種が欲しくなるというのは、血筋だろうか・・・?

に見えた。

別に焼肉を食べたわけじゃないけど。


正しくはガーニックスキンケア。

よく分からない。


そんな夜。

2007年2月19日

今週末は2件の結婚式があった。

土曜日は舞浜のシェラトン東京ベイで、式から二次会まで。
すごい混んでた、結婚式ラッシュという感じ。係りの人が持っている当日の結婚式リストには20件以上書いてあった気がする。チャペルも式が終わって出ると次の組が待っていたり。

日曜日は横浜で二次会から。最後のくじ引きでディズニーランドのペアチケットが当たってしまった。5月30日まで。一緒に行ってくれる人を募集中!
どうでもいいけど、二次会の司会はテレ朝のアナウンサー(河野明子?)だったらしい。もっと近くで見とけばよかった。


どちらも末永くお幸せに!!

2007年2月17日

渋谷西武は改装中で、3月2日にリニューアルオープンらしい。
https://www2.seibu.co.jp/wsc-customer-app/page/020/dynamic/top/Top

その内覧会の案内が来たのだが、案内状についてきたパンフレットみたいなのがすごくお金がかかってそう。リニューアルするフロアの案内以外に、宝飾品やらブランド品を一枚の上質紙にプリントしたものが何枚も入っている。伊勢丹の一人勝ちへの対抗策か、裕福層をターゲットとしようとしている感じだ。

ただ、正直なところ、渋谷西武のリニューアルは中途半端感がぬぐえない。そもそも、渋谷西武の店舗は伊勢丹に比べれば床面積が圧倒的に少ないので、伊勢丹並のことをしようとしたら、何かを切り捨てるか、床面積を増やすしかない。その結果、床面積は維持のまま、富裕層をターゲットにする方向になったように見える。だけど、若者の町・渋谷を意識してか、中産階級な若い社会人を切るまでの決断ができなかったように感じる。やっぱり、マルイと東急の間で悩んでいる状態から抜け出せていない。

本気で伊勢丹への対抗と渋谷での地位の確立を目指すなら、床面積を増やすのがいいと思うんだけどなぁ。隣接するHMVの入っているビル、COACHやシネセゾンの入っているビル、スター銀行の入っているビルやロフトやモヴィータ館も西武にするくらいの勢いが必要だと思う(パルコ3館はちょっと遠いな)。TSUTAYAの入っているQ-Frontを取れなかったのも痛いな、西武系列が叩かれていたときだからいろいろ難しかったのかもしれないが。あ、あと、渋谷駅からの地下道があるとベター。

本店の池袋西武並の床面積にしろとは言わないけど、やるならもうちょっと頑張ってほしい。てか、池袋西武はでかいね。歩き疲れるくらいでかい。

伊勢丹も新宿店はいいけど、相模大野店はかなり質が落ちるね。新宿店並を期待していくとかなり幻滅する。吉祥寺店とかも似たようなものなのだろうか。


で、せっかくだから内覧会に行ってみようかと思ったんだけど、別にセールなわけじゃないから、安くはなってないんだよね?

誰かオンワードとかのセール券ください。
やっぱ株主特典かな。

2007年2月16日

前から気になっていた富士ゼロックスのCM。

プロのスポーツ選手が出てきて技を披露するけど、その横で経営者がもっとすごいテクを出すCM。最初に見たのはサッカーバージョンかな。

サッカーのときは、サッカーがうまい経営者もいるだろうと思ってたりもして調べたりしなかったけど、今回のスケートのバージョンを見てやっぱり気になって調べてみた。

真相を知りたくない人はここまで。

CMのサイト
http://www.fujixerox.co.jp/company/brand/field/


結局、経営者役の人もプロなわけだ。
特殊(?)メイクでそれっぽい年齢の人になっているけど。

ちょっと残念だったな、本当にそれくらいできる経営者がいたら面白いのに・・・。

2007年2月13日

坐骨神経が圧迫されているらしく、臀部から太もも裏にかけて痛くてしびれている感じがする。昨日くらいからだ。

会社で座っているだけで痛い。
だんだん座っているのも辛くなる。

なんとか夕方のミーティングまで耐えて、終わったら速攻医者に行ってみた。


そしたら、病院の受付が終了してた・・・。


しょうがないので、近くのマッサージ屋に行く。
多少、症状が和らいだようだ。

座っているのが辛いのでうつぶせ状態。

うーむ。
会社ではうつぶせなんかできないからなぁ。
明日、医者に行ってみようかと思ったけど、時間がないなぁ。

昨日の夜は多少良くなったけど、寝て起きたら悪化してた感じ。ベッドが硬いのだろうか。低反発ベッドマットでも買うかな。

2007年2月11日

Google の東京のオフィスの社食レポート:
http://japan.zdnet.com/sp/feature/ziddy/story/0,2000072837,20342295,00.htm

意外と大したことない。
USのGoogleがすごすぎるからか、
東京のオフィスには人数が多くないからかなぁ。

無料なのはいいけどなぁ。
でも、無料にするとこの程度のバイキング形式で精一杯なのかな。

これならうちの社食の方がいいかもなーと思う。
有料だけど、選択肢がそれなりにあるし・・。
味は分からないけど、バイキングなら大したことないだろう。

僕は一度しか行った事ないけど:
http://japan.zdnet.com/sp/feature/ziddy/story/0,2000072837,20242528,00.htm


ちなみに僕は昼と夜は社食のことが多いです。
コンビニ弁当とかよりは健康的だと信じてる。

2007年2月8日

メガマックに引き続き、以下の商品が都内の数店舗で発売中らしい。
 - メガテリヤキ
 - メガフィレオフィッシュ
 - メガチキンフィレオ

http://www.mainichi-msn.co.jp/tokusyu/everyone/news/20070207mog00m020011000c.html

見つけた人はラッキーとアンラッキーが同時に来たと思って、ぜひ食べてレポートしてみてください。


メガマックが売れたから、メガ戦略を続けようという魂胆だろう。
メガマックは多少インパクトあるだろうけど、メガテリヤキとかメガフィレオフィッシュとかどうなん?
メガマックのときとは違って、試してみようという気すら起きない。


でも、具が2枚ってことは、単なるビッグテリヤキとかなんじゃないだろうか・・?メガは4枚からじゃないの?


(・∀・)人(・∀・) バルス!

2007年1月30日

はまさんの日記に反応して、 MBTI をやってみた。
http://www5.big.or.jp/~seraph/zero/mbti.cgi

あなたのタイプ: ENTP(発明家/合理主義者系)
- Extroverted(11%)
- Intuitive(38%)
- Thinking(38%)
- Perceiving(78%)

ENTP(発明家/合理主義者系)について
適職(参考): 弁護士、心理学者、企業家、写真家、コンサルタント、エンジニア、科学者、俳優、営業職、マーケティング、プログラマ、システムエンジニア、ベンチャー投資家、マーケティングコンサルタント、コピーライター、司会者、不動産開発業者、俳優、クリエイティブディレクター

んー、今の職種は比較的適職ってことかな。
なんでもOKみたいにも見えるけど・・・。

2007年1月27日

南北線の溜池山王から丸ノ内線に乗り換えようとして案内どおりに進んだら千代田線のホームを端から端まで歩かされて丸ノ内線の国会議事堂前まで10分近く歩かされた。しかも、目の前で電車が行っちゃった。

2007年1月26日

昨日は、賞をもらったプロジェクト(?)の打ち上げで、青葉台の聘珍樓
フカヒレメインのコースでした。
おいしかったー、ご馳走様でした。

そのあと、数人で近くのバーへ。
表には出せない話をいろいろ。
野美山さんがウィスキーに詳しいことを発見。

終電を逃した先輩の戸澤さんを連れて帰宅。
さらに飲んで、テキトーな話をテキトーに話してた。

まだ、若干、お酒が残っている気がする。

2007年1月23日

そうそう、飯台を買った。
ちなみに、飯台とは こんなの

いつも酢飯を作るときはフライパンだったのだが、ちょっと小さいのと雰囲気が出ないので、ついに買ってみた。
7合までいける36cmくらい(内径33cm)のにしといた。
まぁ、炊いても5合だろうけど。

きっとうまい酢飯ができるだろう。

2007年1月20日

限定販売中のメガマックを食べてみた。

たしかにでかい。
でも、でかいだけでいまいちだなぁ。
急いで作ったのかどうかは分からないが、パンとハンバーグがうまく乗ってないし。
そしてなにより、

  ハンバーグがまずい。

なんか紙みたい。

最近、ハンバーガーといえばモスバーガーだったので、モスバーガーの肉になれてしまったのかも。

ちょっと食べにくいけど、食べれない大きさではない。
女に子は大変かもしれないけど。


ま、当分、マックはいいや。

2007年1月15日

家でコーヒーを飲むときは、たいていインスタントコーヒーだ。

一人暮らしを始めたころは、近くのコーヒーにこだわっているっぽい喫茶店で豆を買ってその場で挽いてもらって、ちゃんと煎れていた。
けど、一度にそんなに飲まないのと、片づけが面倒なこと、そして、

  コーヒーにはすぐにカビが生えやすい

ことなどから、煎れなくなった。


そんなわけで、インスタントコーヒーばっかり。
そのインスタントコーヒーも何も考えずにネスカフェのゴールドブレンド
こだわりがあるわけではなく、なんとなく、いつもそれを買っていた。

かなり前から、CMを見るたびに、牛乳にも溶けやすい(※1)というブレンディが気になっていた。
なぜか近くの東急ストアだと、袋状のものしか売って売らず、瓶のものを見つけたら試してみようと思ってそれっきりだった。というか、瓶のブレンディがちっとも入荷されなかった(※2)。

しかし、年末のある日、我慢できずに袋状のブレンディを買ってしまった(※3)。
で、帰って早速カフェオレを作ってみた(※4)

で、分かったこと:
・ゴールドブレンドよりは溶けやすい、なぜならブレンディの方が粉が小さいので
・溶けやすいだけで、溶けきってしまうことはない
・おいしくない、どうも味がカサカサな感じ

3番目の、おいしくないというのは致命的だ。
ブラックで飲んだわけではない。
カフェオレにしたにもかかわらず、おいしくないのだ。
違いの分かる男とは俺のことだ!


やっぱりゴールドブレンドに戻したいと思ったが、何を血迷ったのか一番大きい250gを買ってしまったので、それを使い切らねばならない・・。あぁ・・。


※1)いまいちなコーヒーは、コーヒーのまずさを消すために、牛乳たっぷりのカフェオレで飲むことにしている
※2)食料品の買い物は東急ストアでほとんど済ませているので、ほかの店で買おうとか考えなかった
※3)愚かにも、前に使っていたインスタントコーヒーの瓶を捨ててしまった(※5)ため、100円ショップで適当な瓶を買ってくる羽目になった
※4)食わず嫌いのようで申し訳ないが、独断と偏見により、※1と同様の理由
※5)書いていて思い出したが、相当長いことインスタントコーヒーを飲まなかったため、中身がカビたのかよく分からない状態になって固まってしまったから捨てたのだった

2007年1月6日

一晩最低一冊は読むという読書家奈緒ちゃんの日記に反応して。

買っただけで読んでない本が30冊以上ある・・・。
読みかけの本もかなりあるだろう・・。
なのにまた買っちゃう。

基本的に、本を買うのはアマゾン。
そして、罠にはまって芋づる式に買っちゃうことも多い。
「ジャケ買い」じゃなくて、「タイトル&レビュー評価買い」がほとんど。
もちろん、興味があって買っているわけだけど。

当然、読み終わらずに買うことになる。
しかも、複数の本を並行して読むこともしばしば。
電車の中では文庫本、家ではハードカバーの本とかは平気でする。

文学とかの文庫本を家で読み始めたら一気に読み終えるまで読んじゃうけど、ハードカバーの解説書や専門書、ビジネス書だと、頭を使うのでなかなか進まないことが多い。

そして、本を売ったり捨てたりと処分することもない。
ひたすら溜まっていく。
本棚からも溢れてる。

ここ2,3年は特にひどい。
それまでは、たまに買って気に入った本を何度も読んだりしてたけど、今は同じ本を読んでる暇がない感じだ。

いつかこれらを読み終える日が来るだろうか。。。

日清食品創業者会長の安藤百福氏が亡くなったらしい。
世界初のインスタントラーメンの「チキンラーメン」を開発した人らしい。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070105NT002Y41105012007.html

チキンラーメンが世界初のインスタントラーメンであるということを知った。

Wikipedia (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3)によると、1958年にチキンラーメンを開発・発売。
「ラーメン」という言葉の普及のきっかけにもなったらしい。

そういえば、去年、久しぶりにチキンラーメンを買ったら、真ん中がタマゴ用にくぼんでいた。なかなかナイスアイディア。ちなみに、これは「たまごスポット」と言うらしい。


関係ないけど、今月の私の履歴書はノーベル物理学賞を受賞した江崎玲於奈さんですよ。

2007年1月1日

今年もよろしくお願いします。

抱負とかは後ほど。


昨晩は焼肉の予定だったけど、実家から電話がかかってきて、年越しそばを食べに来いということで、まず実家へ。鴨せいろで年越しそば。直後に焼肉なので、軽めで済ませた。

その後、ほりたく、まきも、へみーの4人で六本木の巨牛荘で2006年ラスト焼肉、さらに3時間くらいダーツをして、その途中で2007年を迎える。

六本木は新年を祝う人たちで混みあっていた。半分以上が外人。3時間もダーツをした僕らはけっこう疲れていてテンションが追いつかなかったので、解散。

今日は10時くらいに起きて、御節の用意を手伝い、おばあちゃまを連れて来て、家族5人でお正月。

お屠蘇をけっこう飲んだのもあって、食べ終わったら3時間ほど昼寝をしてしまった。

まぁ、そんなこんなで、夜には実家から帰ってきました。
夕食は残っていた鉄火丼。3日連続だ。

2006年5月17日

養老 孟司のバカの壁以上のスピードで売れているという、藤原 正彦 の国家の品格を読んでみた。

なかなか面白く、共感できる部分が多いと感じる反面、議論の展開が乱暴に思えた。賛同も批判もたくさん受けそうな本だと思う。なぜ売れているのだろうか。その乱暴な議論がウケるのだろうか。それよりも、日本は今のままでいいのか、と危機感を持つ人がそれなりに多いからだろう。

つづく。

一時間くらいで簡単に読めるので、よかったらどうぞ。

2006年4月5日

今月後半に初コースということなので、ゴルフ強化月間。

家から自転車で5分ほどのところに打ちっぱなしがあるのでさっき行ってみた。

練習場までの直線距離は短いのだが、途中にある林をよけていくため遠回りをしなくてはならない。地図を見てみるとショートカットの林道があるので、そこを通ってみた。
初めて通るその林道は、照明もなく真っ暗で、道は舗装されておらずデコボコ。
そこを自転車のライトだけで進んだ。
もちろん、他に通る人もおらず、さすがにちょっと怖かった。
コケたくもないし、道を間違えたくもない。ましてや、転んで頭を打って倒れた日には、少なくとも明日までは発見されないだろう。ヘタしたら一週間くらい放置かもしれない。

まぁ、なんとか林道を抜けると練習場。
入場料が300円で平日だと1球10円、高いのか安いのか分からないが、妥当な金額な気がする。2000円のプリペイドカードを買ったのだが、2100円分使える。
打席に行って、各席に備え付けの機械にカードを入れると、人工芝の下からピンに乗せられてボールが出てくる。なかなか近代的だ。しかも、1球当たりの値段も表示されているので、日によって変更が容易な仕組みになっている(ちなみに、土日祝日は1球12円)。

7番アイアンはそこそこ当たった。4番アイアンはいまいち。ドライバーはちっとも当たらない。
頑張りすぎると次の日に腰に来るので、170球ほど打って終了。1時間ちょっとかな?

で、帰りも林道をチャレンジ。
途中、自転車のライトの接触が悪くて消えたり、道を少し間違えて焦るが、なんとか生還。

週2回は練習に行くようにしよう。
そして、せめて平均的な距離をまっすぐ飛ぶようになろう。

2006年4月2日

今日は部署の花見大会が多摩川の河川敷であるはずだったけど、雨のため中止。
かなり楽しみにしていただけに残念。なんで満開になると天気が荒れるんだ!!

昨日のサーフィン&結婚式&終電帰りで眠かったので、昼間はゆっくり過ごす。

夜は渋谷で同期の誕生日会。
サプライズして、ビールをたっぷり飲んで、ダーツをして、ケーキ食べて。
久しぶりに会う同期もいて楽しかった。

帰りに唐そばでラーメンを食べて帰ろうということになった。
唐そばには前々から行きたいと思っていたので、楽しみにして向かったら、閉店時間を過ぎていた・・・、残念。

2006年4月1日

午前中、江ノ島でサーフィンをしてきた。サーフィン初体験。もちろん、スクールで。

いやー、サーフィン、面白い!

2週間ほど前にふとサーフィンをしてみたいと思ったのがきっかけ。
まだ、時期的に早いかなぁ、とか寒そうだなぁとか悩んでいたけど、スクールがやっているので、できることはできるんだろうってことでチャレンジ。

9時半に江ノ島の海岸のスクールへ行って、ウェットに着替えて、海岸へ。
用語の説明とか、乗り方、立ち方の説明を受けて、軽く練習。
そして、すぐ海へ。

最初は水が冷たくて、足が凍える!とか思ったけど、だんだん慣れてきた。
後半だと水の冷たさとか気にならなかった。

波がけっこう小さいと感じたんだけど、できることはできるらしい。
波が来るとインストラクターが「パドリング!」って言って後ろから押してくれて、波に乗れそうになると、「立って!」と言ってくれる。
記念すべき第一回は立ったけど、すぐバランスを崩して海に落ちた。
陸で練習したときとは、かなり状況が違う。ボードが揺れて不安定だったり。
何度もチャレンジして、うまく立てたのは三分の一から半分くらいだろうか。

スクールは2時間半で、申し込むときは短いかなぁと思ったけど、十分だった。
後半になるとかなり疲れてきたし・・。

終わってからスクールの小屋へ戻って、着替えて、インストラクターからの講評を受けて終了。
片瀬江ノ島駅への途中のお店で、しらす丼定食を食べて帰った。

また、行こうと思う。


乗馬もやってみたいなぁと思っていたら、藤沢駅近辺に乗馬クラブが見えた。ちょっと調べてみよう。

2006年3月28日

銀座の ISOLINA で飲み会(?)。

そのあと、バー RED&BLACK

ぎりぎり終電を逃したかと思ったら、先日のダイヤ改正のおかげか、急行で終電に追いついたので、無事帰れました。

けっこう酔っ払ってた気がする。

2006年3月27日

風邪をひいたっぽい。
疲れているわけでもなく、無理をしすぎたわけでもないのに・・・。

先週からノドが痛かったのだが、今日は午後から熱が出てきたっぽい。
2月に39度近く出したときと状況が似ているので、早めに医者へ。
そして、頭が重いので、定時過ぎには帰宅。

風邪なので、と思って「とちおとめ」を買って帰ったが、甘くなくてショック。
でも、しっかり食べてしまった。食欲はあるようだ。
一晩で治ってくれ~!


最近、のどから風邪が来る気がする。昔はそんなことなかったのになぁ。
のどからって何色の便座ブロックだっけ?
あ、便座ブロックって便秘薬みたいだね。

2006年3月26日

人生4度目くらいの浅草。

まずは、洋食レストランの吾妻でオムライス。
洋食レストランという分野があるのかどうか分からないが、浅草近辺には多いらしい。昔ながらの洋食(オムライス、カレー、ビフテキなど)を食べさせてくれる。素材がいいのか、伝統を守るためか、よく分からないが、高い。オムライスもカレーライスも3500円。

オムライス、おいしかった。まわりはとろとろなタマゴに、デミグラスソース(っぽいやつ)。中はしっかり詰まったケチャップライス(?)のおかげで、それなりにおなかが膨れる。

見た目は普通の喫茶店のように見えるので、何気なく入るとコーヒーだけ飲んで出ることになりそう。おいしいけど、値段相応かどうかは疑問だ。だけど、昔ながらの洋食レストランで食べるというイベントとしてみれば妥当なのかもしれない。頻繁には行けないけど、たまにはいいかも。

アワビステーキセット22000円とかもあった。誰が頼むんだろう・・・?



そのあと、バーリィ浅草というバーへ。
なかなかいい感じなバー。2階建てで、1階にも2階にもカウンターがある。お酒も数はもちろん、けっこうよさそうなお酒まで置いてあった。USQUAEBACH が置いてあってうれしかった。あと、焼酎だけど村尾とかも。

今月のお薦めは「佐野グロッグ」というラムベースのお湯割りカクテル。前マスターの佐野さんが生み出したらしい。世界カクテル辞典みたいなのにも掲載されていた(マスターが見せてくれた)。残念ながら僕は飲まなかったけど、お湯割なので、喉とかによかったらしい。

おなかが空いていたので、吾妻に行ったのは5時半くらい。なので、バーに入ったのは7時くらいだろうか。で、お店を出たのは11時過ぎだったので、4時間くらいいたことになる。夜中ならまだしも、明日は月曜日だと言うのに、すごい長居したな。不思議だったのは、8時くらいに一番お店が混んでいたことだ。満席に近いくらい。日曜日だからかな?それにしても早い気がする。僕らが最後の客だったっぽい。

帰りは終電でした。けっこう呑んでたらしく、ほとんど寝てたので、あっという間でした。

浅草のおいしいところに行けて楽しかったなぁ。
また行きたいね。

2006年3月24日

2月に異動してしまった秘書さんの謝恩会。

スポンサーとかオオモノの予定が合わず、1ヶ月も遅れてしまった。
# やっぱり僕には幹事スキルがないと思った。

前日にお花を予約するも、寄せ書きは当日、あわただしく部署内を回って用意。
# やっぱり僕には幹事スキルがないと思った。

そして、3人のドタキャン。コースであったため、みんなにたくさん食べてもらうことに。
ドタキャンはお金取るよ!って言っておけばよかった・・・
# やっぱり僕には幹事スキルがないと思った。

7時スタート(実際には30分くらい遅れたけど)で、結局11時くらいまでやってた。
そんなに時間が経っているとも気付かず、最後にドタバタと花束と寄せ書きを贈る。
# やっぱり僕には幹事スキルがないと思った。

でも、秘書さんは喜んでくれたっぽいので、よかった。


ところで、花束。
前日に近くの花屋で予約をしておいたのだが、当日、出来上がったものを見て愕然とした。
素人が適当に花を集めたような、そんな出来。
とてもプロとは思えない出来上がり具合。
僕は、美的センスがあまりないので、花の良し悪しとか分からないけど、そんな僕ですら、あんまりだ、と思うくらいひどかった。
こんなことなら、日比谷花壇とかAoyama Flower Marketとか、他の花屋に頼めばよかった。はるかにいいよ。
そんな花束を贈るのは心が痛むが、時間的な都合などでシブシブ・・・。ほんと作り直してもらえばよかった。


もう少し、幹事スキルを身に付けようと思う。

2006年3月21日

朝7時くらいに帰って寝て昼くらいに起きたら、ちょうど WBC の決勝をやっていた。

僕が見ると負けそうだったので、結果だけ見るようにしようと思っていたけど、ついつい見てしまった。
テレビを付けたときは、4回で 4-1。いい感じ。
5回に2点追加されて、さらにいい感じ。
しかし、6回と8回に2点づつ返され、1点差でハラハラ。
9回に4点追加で、5点差と突き放す、大丈夫だろうと思っても、やはり不安。
時間制のサッカーと違って、1回で5点くらい平気で入ってしまうからだ。
最後の一人までドキドキ。
で、その一人を押さえて、勝利!!

いやー、本当にうれしいね。日本優勝!!

野球の世界大会って、ちょっと前のオリンピックくらいだよね?
それが始まってから、日本は一度も優勝できてなかった(と思う)。

僕は、日本の野球レベルは世界で1位2位だと勝手に思っている。
だから、1大会で同じチームに2回負けるとか、決勝まで進めないとかはありえないと思った。
準決勝進出が絶望的になったときは、本当に信じられなかった。
2次リーグで韓国に負けた時のイチローのコメントは、よく分かる気がした。

奇跡的に準決勝に進めた後は、本領発揮と言わんばかりに素晴しかった。

そして、優勝!サイコーだ!



できれば、決勝で日本対アメリカを見たかったなぁ。

2006年3月14日

仕事の関係で、御茶ノ水へ。

帰りに神保町でスノボーのグローブを探す。

今使っているグローブは、スノボーを始めたときから使っていて、10年もの。先日の北海道ツアーで雨に降られて濡れてしまったので、インナーをはずしてみると、なんと指先に穴が開いていた。このグローブもよく頑張ってくれたが、そろそろ買い替え時と思って探しに来たわけだ。
今度買うグローブは、雨で濡れた経験もあり、ぜひ GOREA-TEX のグローブにしたいと思っていた。ウェアは Bonfire の2004年モデルで、GORE-TEX なので、雨に降られてもほとんど水を弾いてくれてよかったからだ。

最近のグローブは小さめなのが多い。
今のグローブは手首・ウェアの袖口まで覆ってくれるグローブだ。だが最近はウェアの袖口でグローブの手首まで覆うことが多いらしい。できれば前と同じスタイルのグローブがよかったので、探してみるが、あんまりない。あっても、GORE-TEX じゃなかったり。

で、惹かれたのが、SP-DesignPERFECTION GLOVEというシリーズのグローブ。
GORE-TEX で、さらに GORE WIND STOPPER まで付いていて、機能重視の僕にかなりヒット!

だが、見つけた店には、サイズがない。
Black-BlackかRed-Blackが欲しかったけど、Lサイズしか残ってなかった・・・。
意地になって、いろんな店を回ってみたが、結局、見つからなかった・・・。

(帰宅後に、ネットで調べて取扱店を2,3店回ってみたけど、やっぱり見つからなかったので、今シーズンは今のグローブで頑張ることにする。)


で、なぜか葛西でこーじろーとかずみねぇと飲む。そして、こーじろー邸初上陸。

2006年3月12日

塩川さんが、選挙で投票すべき候補者がいなければ白票を投じればいいと言っていたので、簡単に調べてみた。

・現状では、白票は無効票、棄権票(投票に行かない)のと同じ扱いらしい(⇒正確には違うようだ)
・なので、選挙結果では白票数が出ていない

これじゃあ、白票を投じるのも意味ないのではないのだろうか?
自己満足の白票では意味がない。

そこで、去年の衆議院議員選挙の東京都の結果を見てみた。
どこにも白票数の記述はない。
投票結果には、投票者数と棄権者数の数だけだ。もちろん、投票率は投票者数を当日有権者数で割っただけだ。
開票結果にも、立候補者と得票数だけだ。

で、よく見ると、投票結果の投票者数と開票結果の各候補者の得票数の合計が一致しない。
この差が、白票と無効票の合計ではないだろうか。

だとすれば、白票と無効票の区別はないが、棄権票とは区別されているということになる。
それなら、白票も投票率にはカウントされているはずなので、棄権票とは扱いは異なる。

でも、白票と無効票の区別がないのも困る。投票者の意思が伝わっていない。

どちらにせよ、いちいち計算しないといけないのでは面倒だ。
選挙結果では、ちゃんと各候補者の得票数、白票数、無効票数、棄権者数を示して欲しい。

さらに、得票数が白票数を下回った候補者は、たとえ得票数が他の候補者より多くても、落選、とするのがスジだろう。



白票を投じるくらいならおまえが立候補しろというのは違う話なので置いておこう。
あと、間違いがあったらぜひ指摘してください。

最近、会社の同期で話題のポーションを飲んでみた。

確かに、薬のような、ドリンク剤を調合したような味だ。
ハーブティーっぽいという意見もあった。

期待して飲むと、ダメージを受ける。
薬だからしょうがないか・・・。
クリスタルの戦士たちは大変だ。

アキラがステキなことを言っていた。
> 飲んでダメージ受ける奴はアンデッド。
> 気をつけろ。

> 焼酎をポーションで割るとハイポーション

2006年3月11日

本人が変わりたいという意思を持って努力していれば変わるだろう。
本人が変わろうと思わなければ、変わらないだろう。

これは自分の中だけではない。
例えば、人間関係なんかもそうだ。

合わない人がいて、この人は合わないんだ、と切り捨ててしまえば、それまで。
合う関係になりたいと思って頑張れば、そうなれる。
この場合、お互いがそう思えば、より早く実現するだろう。

途中には、いくつも辛い状況があるかもしれないが、それは乗り越えなければならない。

2006年3月10日


友達の主催するイベントに行ってきた。
メインは塩川さんの講演。

塩川さんが若者に向けていろいろ語ると思っていたら、そうではなかった。5分ほど塩川さんが話した後、パネルディスカッションスタイルになった。3人の若者のパネラーが会場に質問をしつつ、塩川さんの話を聞くというスタイル。

質問には、「日本に生まれてよかったか」「日本が好きか」「若者に日本を任せられるか」「政治家を信頼しているか」などがあった。
「日本に生まれてよかったか」という質問だけ、全員がYesだったようだ。

僕には、他の質問でNoと答える人がいたのには驚きだった。
僕は、日本を好きだからこそ、今の日本のよくない部分を変えたい、良くしたいと考える。今回のようなイベントに来ていて嫌いと思う人は、嫌いだから変えたいってことなのかな。それなら無関心よりはいいけど。自分の国を好きになれないのはかわいそうに思う。

若者に日本を任せられるか、という質問では半数くらいがNoだった。
政治家を信頼できるか、という質問では9割以上がNoだった。
どちらの質問においても、Noと答えた人は責任転嫁していると感じた。
若者を育てるのは、親や先輩などだろう。任せられるように育てられなかった、というのは、やはり僕らの責任であったと考えるべきではないだろうか。
政治家を信頼できるかも同様だ。政治家を選ぶのは国民である自分たちだ。自分たちが選んでおいて信用できないというのは、選んだ自分たちの責任が重大だろう。

塩川さんから聞くまで知らなかったのだが、選挙では白票を入れることもOKなのだという。つまり、自分が適当だと考える候補者がいなければ白票を入れるということだ。今までは、投票しないということが白票と同じ意味を持っていると思っていた。ただ単に投票しないでは、権利放棄の無責任と区別がつかないとも思っていた。
白票を投ずるという意思表明の方法は、当たり前のことなのかも知れないけど、僕にとっては新鮮だった。選挙結果でも白票数も報告されているのか、今後チェックしてみたい。

最後に、塩川さんから少しメッセージがあってから講演は終了となった。

講演自体の感想としては、時間が短かったせいもあり、正直、物足りなかった。
塩川さんの話が短かったことが大きい。
塩川さんが若者へのメッセージをいろいろ語るのかと期待していたからだ。

会場の参加者を巻き込む形でのパネルディスカッションスタイルはよかったが、パネラーが進行をうまくコーディネートできていないと感じた。
塩川さん自体が話す時間が少なかったので、パネラーがもっと塩川さんから話を引き出すように進めて欲しかった。

テーマは日本という大きい範囲を扱っている。その場合、数多くの問題や意見が出てくる。どうしても、各人の置かれた環境や、個々の問題に落ちていってしまう。
パネラーとしては、まず日本を見て(日本の若者の意識など)、次にその中からトピックとする問題(今回なら国の借金などだろうか)について、会場の意見と財務大臣を経験した塩川さんの意見を聞きたかったのではないかと思う。

会場の参加者によっては、別の問題の方が大きい場合もあるだろう。
そういう人が発言することによって、主旨からずれてしまうし、時間も無駄に費やすことになる。
そういうときのうまい軌道修正がパネラーには求められると感じた。
もちろん、発言する参加者も自分の目の前の問題に囚われずに、場の雰囲気を読んだ意見を述べることも必要だろう。

パネルディスカッションの進め方について、パネラーと塩川さんの意思疎通がなってない、というか、塩川さんがあんまり理解していないようにも感じられた。

次に、立食パーティ形式の交流会。
ここで塩川さんとツーショットを撮った。
塩川さんは早寝(9時就寝)らしいので、早々にご退出。

交流会では、スポンサーの営業と思われる人と話す方が多くなってしまって、失敗したと思った。もっと、今回の主旨にあった話をできる人と話したかったのに・・。
それでも、何人かに出会えてよかった。

やはり金曜日の19時スタートだとなかなか人が集まらないらしい。
そんな関係で、参加者も思っていたより上の方が多かった。
もっと20代、30代だらけかと思っていたのだが・・。

第2回、3回と続いていくらしいので、今後も参加しようと思う。

2006年3月5日

久しぶりにペペロンチーノを作ってみた。

パスタ以外の材料がなかったり変色していたりしたので、ほとんど買いなおし。
オリーブオイルは賞味期限を1年以上過ぎていたけど、大丈夫そうだったので、使ってみた。
バジルと唐辛子は明らかに変色していたので処分。
ニンニクはなかったので購入。

材料:
パスタ(1.6mm) 200g
ニンニク 2個
唐辛子 2個
バジル 適当
塩 適当
オリーブオイル 適当

作り方:
塩とオリーブオイルを適量入れて、お湯を沸かす。
フライパンにオリーブオイルを入れて、塩をまぶして、温めておく。
唐辛子を輪切りにする。
唐辛子の種を細かく砕く。
ニンニク1個をスライス。
ニンニク1個を潰して、細かくみじん切り。
フライパンに唐辛子・唐辛子の種・ニンニク・バジルを入れる。
このとき、ニンニクを焼きすぎて色が変わらないように注意。
茹で上がってしっかりお湯を切ったパスタを入れる。
バジルと塩をまぶす。
しっかりオリーブオイルをパスタに絡ませる。
皿にあけて完成。

あ、髪を切りにいこうと思って忘れてた。

2006年2月8日

今週末にオープンする表参道ヒルズの先行販売会に誘われたので行ってみた。

同潤会のアパートが一部そのまま残されていて、アトリエ(?)っぽくなっていた。
メインの建物は表参道の坂道に合わせて斜めに作られている。
店舗内は平らだけど、店舗前の通路は坂道になっていて、隣の店舗とは床の高さ(標高?)が異なる。
建物内部は中央に地下三階から地上三階までぶち抜きの空間があった。
その空間の周りを坂道がグルグル回るようにあって、その道沿いに店舗が並んでいる感じ。
アメリカのモール街っぽい造りだった。

六本木ヒルズとは違い、有名なブランド店はほとんど入っていない。
表参道ヒルズのコンセプトの新しいものを、というのも理由だろうけど、表参道には主だったブランドの路面店がすでにあるのが大きな理由だろう。

先行販売会は招待制らしいが、けっこうな人が来ていて道が狭く感じた。
オープンのときはきっと入場制限でもかかるんだろうな。

で、せっかくなので、デルレイ カフェ アンド ショコラティエに入ってみた。
なかなかキレイな造りで、入り口で調理してくれて、フランベしたりしてる。
通りがかる人もそれを見るために立ち止まったりしてる。
やっぱり慣れていないせいか、いろいろと目に付くところがあったが、そのうちよくなるだろう。

落ち着いたころにまたゆっくり行ってみたいと思う。

2006年2月6日

今日も恵比寿で岩盤浴。
行きつけの Detox Stone SPA。

その前に夕食。
どこにしようかと思ったら、イチゴ大好き人間の美帆が京橋千疋屋のワッフルに惹かれたというので、千疋屋。

サンドイッチとイチゴワッフル、マロンワッフル。

夕食でスイーツなんてあんまり考えられないけど、たまにはいいと思った。
なかなかおいしかったからね。
甘いせいか、すぐにおなか一杯になってしまった。

んで、メインのDetox Stone SPA。
僕は気づかなかったんだけど、行く度にショボくなっているようだ。
オープンしたてのころは、メイク落としとかは結構いいものが置いてあったのに、今はドラッグストアで売っているような大きなチューブが置いてあったり、部屋の清掃が行き届いていなかったり。

駅から近くて便利だと思うんだけど、あんまり繁盛していないのだろうか?
僕らはけっこういいと思っていただけに残念だ。

2006年2月4日

大阪から友達が上京してきたので、そのお供を買って出てみた。
浅草で待ち合わせだったんだけど、思ったより遠かったため、1時間以上遅刻。
結局、僕は浅草でのお供をできず・・・。

気を取り直して、そこから船で隅田川を下って、竹芝桟橋へ向かう。
この船に乗るのは僕も初めてだった。なかなか楽しい。

30分ほどで竹芝桟橋へ到着。
そして今日の本命の正泰苑へ向かう。

いやー、正泰苑もおいしいね。
やっぱりおいしい焼肉は最高!!

6時前に入ったのに店内は満席。
上ロースは残念ながら売り切れてた・・・。
でも、中ロース、塩カルビを食べれたのでよかった。

2006年2月3日

ゴルフの打ちっぱなしから帰った後からどうものどが痛い。
のど飴とかなめて過ごしていたら、昨日の午後から急激に体調が悪化。
昨日のランチのときは普通に食べていたのに・・・。

6時くらいに早めに帰ると、もう頭がグラグラ。
熱を測ったら38.4℃、ピーク時は38.8℃。
市販の風邪薬と帰りに買った2000円のユンケルを飲んで寝る。
一向によくなる気配が見えない。

インフルエンザか・・・?
と思い、去年の秋ごろにタミフル不足の危機が話題になったときに個人輸入してみたタミフルを一錠飲んでみた。

で、今朝、頭が重いところを頑張って医者に行ってみた。
病院で熱を測ると 36.8℃。
あれ?本当に?もしかして治った??それとも測り間違い?
医者によるともう熱も下がっているのでインフルエンザではないだろう、とのこと。

念のため家に帰ってもう一度、熱を測ってみると、やっぱり36.6℃。
平熱よりはちょっと高いけど、たしかに熱は下がっている。
処方された薬を飲んだけど、夜にはかなり全快。
のどが痛いのも治まった。

でも、38℃以上の熱なんて数年ぶりだなぁ。

2006年1月31日

キタガー・ぽそぷぅとゴルフの打ちっぱなし。

人生ほぼ初めて。
前に行ったときは父親や親戚のおじさん、おばさんに付いていってちょっと打ったくらいなので、自分のクラブでちゃんと打つのは初めてだ。

なかなか当たらない。本気で狙っているのにボールにかすりもしないと、もう笑うしかない。
ようやくアイアン当たるようになっても、右に飛ぶ。たまにいい感じに120ヤードくらい飛ぶ。
でも、ドライバーだとちっとも飛ばない。

そんなこんなで120球ほど打った。
腰に来るね。

いやー、楽しかった。
帰ってからさっそくゴルフのレッスンDVDをアマゾンで注文してみた。
頑張るぞー!

2006年1月23日

ついにホリエモン逮捕かー。
早かったな。

まぁ、なんか気の毒な気もする。

2006年1月22日

ほとんど見ていなかったので、JCOMを解約した。

JCOMでは去年の12月1日から地上波デジタルのパススルーが始まったので、ますますJCOMに加入している必要がなくなったからだ(地上波デジタルがパススルーでも配信されるってことは、地上波デジタルチューナー内蔵のテレビとアンテナ線さえあれば、STBとか契約が不要だからだ)。

そもそも技術的に出来たにも関わらず、去年までパススルーの開始を引っ張ったのがおかしい。

2006年1月17日

2回目の Detox Stone SPA、岩盤浴としては3回目。

今回は今まで程は辛くはなかった。
慣れたのかな?
それとも食後に行ったからかな?

2006年1月16日

久しぶりにつくば。
何年ぶりだろう?2002年以来かなぁ?

去年、開通したばかりのつくばエクスプレスにも乗った。

つくばセンターがかなり変わってた。
駐車場が丸ごとモールに変わってたり、いろいろびっくり。

おかげで、乗るバスを間違えて30分ほど遅刻。


産総研に行ったんだけど、そこにも新しい建物が!!!
1階はコンベンションセンターの入り口のような感じ。
会議室もきれいで、いろいろ設備が整ってた。
やっぱりお金持ってるなぁ・・・。

首藤さんのおかげで、スーパークラスタも見ることができた。
IBMのxシリーズが大量に並んでたよ。


それにしても、つくばは遠い。
片道2時間以上だった。

2006年1月12日

「松下電器、石油温風機事故で国内全世帯にはがき郵送へ」
全世帯にどうやって送るのかと思ったら、
「あて名を特定しなくても全国の各郵便局にはがきを渡すと、対象世帯に郵送してもらえる。 」
らしい。
うちにも届くかな?

2006年1月3日

今年初のカラオケ。

一年分歌ったと思う。


一曲しか歌わなかったけど。

2006年1月1日

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

去年は大きなインパクトを与えてくれる人に出会えて大変恵まれました。
入社三年目という節目の時期だったのも影響しているかもしれません。
おかげで、とても考えるようになりました。
ただ、その反面、ダメダメな部分が多々ありました。

今年は去年受けたインパクトと去年の反省を持ちつつ、大いに頑張ります。

そして、今年も多くの人に会っていろいろインパクトを受け、インパクトを与えられるよう自分を磨いていきます。

2005年12月31日

12月31日の夕方に帰省しました。
実家まで1時間くらいなので、毎年ぎりぎりに帰ることになってしまう。
しかも、実家には着替えとかほとんど置いていないので、1泊程度で帰る。
きっと今回も元旦の夜には実家じゃなくて家に帰っていることだろう。

というわけで、今年も一年、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

2005年11月26日

六本木ヒルズGrand Hyatt Tokyo 内にある寿司屋 六緑 にランチで行ってみた。
まぁ、普通においしい程度。
同じホテル内の寿司屋ならオークラ久兵衛の方がはるかにおいしかった。

というか、せっかくカウンターに座ったのに、カウンターの中が活気がなさすぎてダメダメ。
ネタを捌く人と握る人が別々だったり、ネタがすでに一人前全て捌かれた状態で握る人に渡されたりで、なんか単なる厨房で“効率よく”料理を作っているところを見せられた気分。もちろん、終始無言。
寿司を出してくれるときに、ネタの名前を言ってくれるんだけど、ごにょごにょと言っていて、ちっとも聞き取れない。
お好みコースじゃなくて、お任せコースにしたのがいけないのかもしれないけど、お任せならなんでそのネタを選んだのかとかの会話があってもいいもんじゃない?
客が入ってきても、カウンターの中は無言。さすがに帰るときはありがとうございましたって言ってたけど。
寿司を出すだけなら宅配寿司で十分だし、いまどきの回転寿司の方がよっぽど活気があるよ。
せっかく、お店の中は綺麗でいい感じなのに。

どうでもいいことだけど、お茶とかを持ってきてくれる女の子が、会社のカフェテリアの女の子に似てる気がした。

Electraglide 2005 に行ってきた。
メインの目的はもちろん、underworld
Electraglide には underworld 目的で 2002 と 2003 に行ったことがあったけど、今までで一番大きかった気がする。会場も広いし、参加者も多かった。2万人くらいかな?
今回の underworld のセッションはいつもより長く3時間!
さらに、いつもはラストのはずの Rez、born slippy が中盤で登場。
新曲が発表されたばかりとあって、例年とはかなり違うプログラムだった。
あ、でも、アンコールでの Moaner はいつも通りだったな。

今回はなぜかチケットが余っていたので、幕張から比較的近くに住んでいるかずみねぇを誘ってみた。
海浜幕張駅で待ち合わせをして、ご飯を食べてから行こうと思ったら、どこも10時閉店だった。
探し回ってみると、焼肉屋がやっている!というわけで、意図せずして焼肉。
会場の幕張メッセへ行って会場を一通り眺める。
広い!けど、それに合わせて人も多い!
とりあえず、会場限定のCDを予約。
適当にいくつかのセッションを楽しんで、1:30-4:30 の underworldに備える。
underworld のセッションでは、かずみねぇを引っ張ってかなり前方で楽しむ。
当然、人が密集しているので、Spykee や Rez、born slippy のときは、もみくちゃにされて、Tシャツ一枚なのに汗をかいて大変だった。いつものことだけど。それでも underworld の二人を5~10mくらいで見れるからいいかも。
で、Rez、 born slippy、tmo と続く前半のクライマックスが終わったあたりで、翌朝ゴルフのために帰るかずみねぇを見送るついでに軽く休憩。おなかが空いたのでホットドックを食す。
Tシャツなので、汗が引くと寒いので、再び人ごみの中へ。
4:40くらいに Moaner を聞きつつ撤収。
5時の始発に乗って、7時くらいに家に着いて寝る。

面白かったけど、疲れた~。特に足。
でも、歳のわりに意外と行けた、というか、次の日を考えなければ、まだまだ行けると感じた。
曲名とか順番とか間違えていたらごめんなさい。

2005年11月23日

アマゾンで予約注文した Star Wars Episode III DVD が届きました。
早速、観ておきました。

2005年11月2日

そろそろ新聞でも取ってみようかと思い立ったので、昨日、ネットから申し込んでみた。
そしたら、その日の晩に販売店のおっちゃんが洗剤とかを持ってきてくれた。
早速、今朝から新聞を読んでいます。
主なニュースはネットで見れるからいいんだけど、私の履歴書とかはネットでは読めないからね。

2005年10月20日

ばっしーから学生バトンが回ってきた。
頑張って書いてみようと思う。

☆質問1:小中高の中で1番の思い出の時期は?
高校のときの土曜日の午後。
毎週のように、学校の近くの行きつけのお好み焼き屋(たぬき)でお好み焼き(肉玉ソバダブル+モチなど)を食べ、友達の家でハードロックを聴いたり、ギターをいじったりしてた。

☆質問2:1番お世話になった先生はいつの先生?
小学校のときの担任だった鈴木先生には、かなり叱られたり、居残りで漢字1万字書かされたりと、問題児で、お世話になった気がする。
中学校のときの担任だった荘田先生にもお世話になった気がする。家庭訪問のときにファミコンを教えてあげたら、僕がファミコンばっかりやる子供だと誤解されかけたな。

☆質問3:得意だった科目?
数学・理科かな。
昔からテキトーだったので、満点を取るほど得意なものはないけど、数学・理科系は比較的よく出来て、けっこう好きだった。英語も勉強したときは満点とったりもしてたな。

☆質問4:苦手な科目?
国語
昔から苦手意識が強かった。だから勉強しなかったのかもしれない。今思えば、苦手だった理由が思いつかないので、もしちゃんとやってたら苦手にはならなかったのかもしれない。

☆質問5:思い出の学校行事を3つあげてください
1.高校のときに、交換留学で1ヶ月くらい、シカゴでホームステイをして、モーガンパーク高校に行ったことかな。もちろん、英語は話せなかったが、だんだんフィーリングで意思疎通ができていった気がする。

2.卒業式の日に、在校生に贈る言葉を、在校生1000人くらいの前で読み上げたとき。「自主自律」という言葉を贈った気がする。とても緊張したと思う。でも、カンペも見ずに話せたはず。

3.高校の文化祭のときに、パソコンで文化祭の校内案内システムをそれなりに頑張って作ったことかな。一応、パソコン部だったので。

☆質問6:学生の頃のキャラは?
テキトーで遊んでばっかり、授業中はおしゃべりばっかり。

☆質問7:学生の頃の友人からの呼び名は?
そうだ:一番多かった
そうちゃん:二番目に多かった、先生からもそう呼ばれてた
ゆっきー:中学時代にマレにこう呼ばれてた
そうゆき:これも中学時代にマレにこう呼ばれてた

☆質問8:好きな給食のメニューは?
ご飯
給食室が改良されて、ご飯がでるようになってとってもうれしかった。
三角の牛乳パックは飲んだことはあるけど、鯨を食べた記憶はないです。

☆質問9:学生時代に出会った友人はあなたにとってどんな存在ですか?
小学校の友達とは今でもたまに会って、飲んだりするなぁ。
中学校・高校の友達とはかなり疎遠になってしまった。
でも、面白い友達が多かったなぁ。

☆質問10:次にまわす5人
全部同期にまわしてみます、よろしくお願いしまーす。
まいちゃん
ぴち
あっこ
まゆみ
あこたん

2005年10月15日

LAPLA 中央林間に行って、一通りお店を見てみた。

サミット以外は繁盛してなさそうだった。

あそこのマツモトキヨシは一番最初に撤退する気がする。

空きエリアは当分、空いたままだろうな。

建物の作りもなんかイマイチ。
1階と2階の行き来がしにくい。

2005年9月24日

いい感じのワーキングチェアが欲しい病が再発。
今の候補:
Steelcase Please (13万円くらい)
ITOKI LEVINO (9万円くらい)
前は、Vitra Ypsilon岡村 Contessa が欲しくなったんだけど、今回はちょっと変わった。
ただ、ヘッドレストははずせない気がした(使うかどうかは別として)。
機会を見つけて大塚家具にでも座りに行ってみようと思う。

で、デスク。
今年の初めに1200x800 から 1200x600 の大きさのデスクに変えたんだけど、奥行きが物足りない気がする。
買い換える前は、奥行きは800もいらないと思ったけど、いざ狭くなると、600 だともうちょっと欲しいと感じる。

デスクは今のところ、いい候補がない。
天板の下に引き出しが欲しいと思うのだけど、そういうデスクはオフィスデスクと学習机以外では見ない気がする。デスクに引き出し付きを求めるのは間違っているのだろうか?

2005年9月21日

11月1日からDoCoMoが新料金プランに移行するらしい。
請求書の中の冊子で知った。

で、とりあえず、新料金プランへの移行予約をしてみた。
ここで、驚愕(ってほどでもない)事実が判明。

当然入っていると思っていた一年割引に入っていなかった!
継続割引と一年割引が同じものだと思っていたので・・・。
基本料金が10%は安くなっていただろうに・・・。もったいない。

というわけで、いまさらながら一年割引にも加入。

請求書と一緒に来る冊子をたまに見てみるのもいいかもしれない。

2005年9月20日

PCのディスクの中を整理していたら、学生時代に煮詰まっているときに作ったビデオが出てきた。
正確には、有名な映画に適当な字幕をつけたビデオ。
超研究室ローカルネタなので、普通の人に見せてもちっとも面白くない。

久しぶりに見ると、行き当たりばったりで練りが足りない部分が多くて反省。
煮詰まっているだけあって、意味不明な迷言があった。

「ハッカーは絶対”デバッグしない”。セグフォったらそれで終わり。」

かっこいい。

観たい人にはお見せしますが、内輪ネタで面白くないかもしれません。
いろいろヤバイので公開はできません。

iPod shuffle を売ってきた。

PCのディスクの中を整理して、余ったHDDをはずして売ってきた。

プレステのゲームとかケーブルとかも売ってきた。

そこそこの値段になった。
これなら、今まで捨てていたのも売ったらよかったかも・・・。

2005年9月19日

ぴちから酒バトンが回ってきたので、回答してみようと思う。
いまいち練られていない質問だと思うのは僕だけだろうか?
特に、質問2と4の違いが分かりにくい。

【1】今、冷蔵庫に入っているお酒の容量は?
冷蔵庫にはお酒は入っていません。
家ではビールは飲まないので、ビールの買い置きもありません。
昨年ころなら、マッコリが16リットル入っていましたが、とっくに飲み干しました。

【2】好きな銘柄は?
とりあえず、生。ってことでビールが好きです。
焼肉といえば、マッコリです。
大人っぽく静かに飲むならウィスキー、特にスコッチやシングルモルトが好きです。

【3】最近最後に飲んだ店は?
ぱっぷHouse(焼肉)で飲んだマッコリかな。

【4】よく飲む、もしくは思い入れのある銘柄は
ビールなら、スーパードライ。
マッコリなら、二東の紙パック。
スコッチなら、ロイヤルサルート。
シングルモルトなら、グレンリベット。
どれも定番、って感じだ。

【5】ジョッキを渡す5人
まきも - 大阪で飲んだくれてそう
すーざん - 無理やりネタ振り
ばっし - かっこいいお酒を飲んでそう
たけるこ - 楽しく飲んでそう
あやのお嬢様 - 一升瓶を抱えながら飲んでそう

連休中は珍しく風邪をひいてました。
原因は分かりませんが、冷房をかけすぎたのが一つの要因かもしれません。

ノドがとても痛いです。
頭が重いです。
身体がだるいです。
耳の後ろが痛いです。

などの症状。
たいていの風邪は、市販のパブロンを飲んで治ってしまうのだが、今回はなかなか治らないので、昨日、医者に行って抗生物質などをもらってきた。ついでに2000円くらいのユンケルも買って飲んだ。

その甲斐あってか、今日は比較的よくなった。
なので、会社に行ってみたが、頭が相変わらず重く、進まない。
しょうがないので、適当に切り上げて帰ってきてダウン。

おかしいなぁ、なんで、こんなに風邪を引っ張るかな・・・?
体力とか年齢とかは関係ないはず!(と信じたい)

2005年9月14日

同期のミソジローの記念すべき30歳の誕生日会を六本木でやった。
そのつもりはなかったのだが、結果的にコスプレパーティになった。

お店がいわゆる合コンとかイベント向きのお店で、人数を伝えたところ、ちょっと変わったお部屋になった。
何が変わっているかというと、部屋にいろんな衣装があって更衣室もあってコスプレが出来るという。
彼の去年の誕生日会も、猫耳程度のかわいいコスプレであったが、今年は本格的なコスプレになってしまった。
備え付けの衣装としては、定番のセーラー服からチャイナ、ナース、修道女、黒子?、特攻服、などなど10種類くらい。
さらに3種類くらいカツラもあった。

去年もそうだったのだが、彼の誕生日会は、不思議と彼には秘密、つまりサプライズになってしまう。
今年も見事にサプライズさせることができてよかった。

コスプレは、女の子のコスプレはどれもかわいくていいんだけど、男のコスプレはどれもイタかった。もちろん、僕も相当イタかった。
部屋には窓が付いていて廊下から覗けるんだけど、怪しいモノを見る目で通り過ぎる人たちばかりだった(当然だろうけど)。

まぁ、何はともあれ、面白かった。
あんなパーティはなかなか出来ないだろうと思うくらい貴重な体験だった。

2005年9月10日

同期結婚式 二次会・三次会に参加してお祝いしてきた。

久しぶりにスーツを着た。
もらってまだ一度も出番のなかったネクタイをしてみた。
案の定、誰にも気付いてもらえなかった・・・。

今まで参加した中で最大規模の二次会・三次会だった。
二次会は200人くらい、三次会は100人くらい。

けっこう同期が来ていた(二次会は半分くらいが同期、三次会は全部同期)。
久しぶりに会う同期が多くていろいろ話せて楽しかったが、やっぱり時間が足りなかった。

多すぎて、新郎新婦との集合写真を撮れなかったのが残念だった。

大勢に祝福されていた新郎新婦はとても幸せそうだった。
これからも永遠にお幸せに!

2005年9月6日

いとーさんの日記に出てた 適性・適職診断 をやってみた。

仕事: どんな仕事でもこなせるリーダータイプ
性格: かなりクールなキャリア・タイプ
恋愛: ひとつカラを破ると大変身するタイプ

◆特に向いている職種は?
医師や医療関係の技師、研究者、学芸員、マスコミなら報道関係、裁判官や検察官、弁護士、金融関係ならアナリスト、ファンド・マネージャー、翻訳家、国家公務員、コンピュータのソフト開発など


まさに今の職種が入っているんだけど、本当だろうか?

2005年9月4日

Electraglide 2005Underworld が二年ぶりの来日

ということで、チケットを先日、買っておきました。

楽しみです。

ただ、2年前よりも明らかに体力が落ちている気がするので、
オールナイトに耐えられるかが心配です。

だって、単におとなしくマッタリ聞くなら問題ないだろうけど、
盛り上がって、11月なのにTシャツ姿で大汗、そんな状態になるんだよ。

Underworld のセッションが終わったら、ホールの端っこで力尽きて寝てそう・・・。

2005年9月3日

文庫版の「ローマ人の物語」の新刊が出ていたので購入。
「悪名高き皇帝たち」の(1)~(4)、ローマ人の物語としては 17~20巻。

単行本は全15巻だけど、まだ完結していない。
2006年末に完結するらしい。
今回出た文庫版は単行本の第7巻に相当するので、まだ半分にも達していないわけだ。
このまま行くと、文庫版は全50巻とかいうすごいことになりそう。

文庫版は、一冊一冊が薄いから、けっこうすぐ読み終わってしまう。
ローマ人の物語は、電車で移動中に読むことが多い。
というか、電車で移動中の暇つぶし専用と言ってもいいくらい。
著者の塩野七生も、電車とかで読まれることを意識して、
文庫版は薄く持ちやすくしたと書いているくらいだ。

たぶん、すぐに4冊読み終わっちゃうんだろうな。
次までの繋ぎはどうしようかな。
今回の4冊が出るまでは、これまでの16巻を読むことで繋いできた。
続きがいつ頃出るかが問題だ。

文庫版は、2002年に1~7巻、2004年に8~16巻が出ている。
1年に単行本3冊分を文庫版として出しているのかな。
そうしたら、今年中にあと4,5冊くらい出るかもしれないな。

2005年9月2日

ずっと起きてた。

やっぱりちょっと眠い。

昼食後とか危険だ。

今日飲んだら寝れる。

2005年8月30日

Eileen Gray サイドテーブル が届いた。
ちょっと前に雑誌だか広告だかに使われているのを見かけて、欲しい!と思って調べてみた。
で、買おうかどうしようかと思っていて、ドクターサクマジュン邸に遊びに行ったら、すでにあってかなりショック。
先を越されたのは悔しいが、欲しかったので注文した一品。

ソファーの脇において使うには最適なテーブルだね。
コの字の形だから、自分の近くまでテーブルを持ってこれるのがいい。
ソファーに座ってこのテーブルにティーセットを置いて読書とか、ちょっと優雅でいい気分だ。
高さも調節できるからいろいろな用途にも使えそう。

本物は世界に一つしかないらしいく、ニューヨークの近代美術館に飾られているらしい。
上のリンクもレプリカだけど・・・、僕が買ったのはもうちょっと安いレプリカだよ。
安くてもそんなにつくりが悪いように思えないから満足。

2005年8月27日

渋谷で久しぶりに買い物。
一番の目的は、スーツのときの革靴。
前の靴はかなり傷んでしまったので、ちょっと前に処分。
買おうと思っていて忘れていたら、お葬式があった。
家にあったのは、黒は黒だけどちょっと場に合わない黒の革靴。
日ごろからちゃんと揃えておかないといけないなぁという反省と、
二週間後のおめでたいイベントでスーツを着るのが確実だから。

それなりに気に入った靴をゲットできたのでよかった。
茶色の革靴とかも欲しかったけど、ガマン。
他にもいいなぁ、と思った靴があったけど、金額的に断念。
だって、8万オーバーですよ!半額なら買ったかもしれなかったけど・・・。
でも、悩んじゃうね。
金額を気にせず買えるようになりたいね。
もちろん、手は届くし、本当に欲しければ気にせず買うんだろうけど、
今回はそこまでではなかったってことかな。

2005年8月20日

ペヤングの二重底は断熱の機能のためだけではないのです。
作るときにその二重底を生かすのがポイントです。

そういえば、会社の同期のなおちゃんは、カップ焼きそばを食べたことがないというお嬢様だったので・・・。

ここまで書いて、前の書いた気がしたと思ったら、やっぱり書いてた

ので、以下略。

2005年8月19日

今日も、牛カルビ弁当+ハムマカロニサラダ+はじめ一(緑茶) 。

だって、会社の食堂がお盆休みなんだもん。

2005年8月16日

六本木ヒルズ東京シティビューシャンパンガーデン をやっているという情報を美帆がゲットしてきたので、行ってみた。

G.H. Mumm 社の Mumm Cordon Rouge というシャンパンを初めて飲んだ。
聞いたことがなかったんだけど、有名なのかな?
なかなかおいしかった。

シャンパンガーデン自体は、まぁ、普通かなぁ。
イスというかソファ?は座り心地がよかった。

東京シティビューはこういうイベントとかができるように、広いスペースが用意されているのがすごいと思った。単なる展望台とはかなり違うね。

3倍漢字が気になるまでの過程:
1.もんちゃんが漢字読めますかクイズを出し始めた
2.キリンレモンと麒麟檸檬の総画数が気になった
3.画数の多い漢字が気になった
4.画数の多い漢字には、同じ漢字を組み合わせたものが多いのが気になった
5.同じ漢字の組み合わせでも、3つ組み合わせたものが気になった

ということで、ガンダムさんと頑張ってみた。

成果はガンダムさんとこの記事を参照してください。

やっぱりフォントの色を赤にして、シャア専用漢字とすべきだっただろうか?

2005年8月15日

今日も、牛カルビ弁当+春雨サラダ+伊右衛門 。

ちなみにお昼はモスで、フレッシュバーガー+オニポテセット+マンゴーラッシー。

2005年8月14日

今日も 牛カルビ弁当+ハムマカロニサラダ+伊右衛門 。

2005年8月12日

たまたまセブンイレブンに行ったら、牛カルビ弁当がまた期間限定で復活している!!
今度は8月22日まで!

当然購入、ハムマカロニサラダと共に。

で、今回は今までの牛カルビ弁当とはちょっと違う気がする。
明らかに肉の質が悪くなったように思える。

なんかとても残念だ。。。

2005年7月30日

今日は浦安の花火大会に行くということで、浴衣を買いに行った。
コージロー、ホリタクと開店直後の新宿マルイへ。

そんなに種類があるわけではないけど、悩む。

浴衣自体は比較的早く決めた。
無難な黒地に白い短い線がちょこちょこっと入ったもの。

帯がかなり時間がかかった。
若く見える白い光沢のある帯、無難なグレーの帯、落ち着いた(おっさんぽい?)感じの金色っぽい帯。

後ろの予定が詰まっているので、だんだん焦る。
店員のお姉さん、こーじろー、ホリタクの意見を聞きつつ、
自分の年齢を考慮し、悩んだ挙句、金色っぽい帯を選択。

加えて、締め帯、扇子、巾着、下駄など一式購入。

締めて3万3千円也。
意外とちゃんとした浴衣らしく、意外とお高くなった。
セットで1万円とかを想像していたんだけど・・・。
まぁ、何度も使えそうだからいいか。
というか、使わないと!

2005年7月26日

先日触れた、マキモの紹介していた カバラ数秘術をやってみた。

どうでもいい話だが、カバラとバカラ、マスカラとマラカス、間違えやすいよね?

--------------------------------------------------------
カバラ誕生数(自分の本当の性格と現世での使命を解読する)
◆あなたの誕生数
11 (霊界と現界を結ぶ魔術師)
◆長所
有能、卓越した才能、豊かな霊感、理想主義、目的達成への強い意志
◆短所
非現実的、神経過敏、不安定、内面的苦悩、自己中心
◆備考
独立心と意志力に富んでいる。
--------------------------------------------------------
カバラ姓名数(他人に与える印象を知り隠れた才能を発掘する)
◆あなたの姓名数
9
◆あなたの印象
よくわからない人物。他人を感化する才能がある。教師や牧師等に向く。
--------------------------------------------------------
あなたの2つの願望
◆外面的願望(子音数 22)
尊敬されたい、何か大きなことをやりとげたい
◆内面的願望(母音数 5)
何でも知りたい、好奇心を満足させたい、いつも新鮮でいたい
--------------------------------------------------------
簡易性格判断
◆名前の最初の子音
Y(聡明で適応力がある。内向的な性格)
◆名前の最初の母音
U(柔和でやさしい。粘り強い忍耐力がある)
--------------------------------------------------------
性格や能力の傾向
◆右脳型(直観的)か左脳型(論理的)か
4 : 9 -- 左脳型
◆行動型か思索型か
7 : 6 -- どちらかといえば行動型
◆熱中型か分散型か
6 : 7 -- どちらかといえば分散型
--------------------------------------------------------

だそうだ。

次に、あこたんご紹介のカバラ数秘術もやってみた。

2005年7月24日

会社を入社一年ほどでスピンアウトして、国家公務員もどきになったドクターサクマジュンによく分からないが呼び出される。
寄り道したりして、かなり遅刻していくと、燻製ができつつあった。
どうやら燻製パーティらしい。

ビールを飲んで、サクマ邸定番の餃子を食べ、出来上がった燻製を食べる。
サイコー!!
スペアリブの燻製とか、まじおいしい!

食べるばっかりでほとんど手伝えなくてごめんなさい。

で、なんでオレンジかっていうと、他の参加者がかずみねぇとりえこねぇだったから。
もう、まじでリアルオレンジの会だったわけですよ!

2005年7月23日

今日は猿江恩賜公園までテニスに行くはずでした。

地震のせいで、田園都市線は途中までなので、小田急線でノロノロと新宿へ。
しかし、JRが全く動いていなく、新宿で足止め。
都営地下鉄は動いているけど、メトロは全部止まってる。

1時間くらいして、新宿を通る都営地下鉄は大江戸線だけではなく、新宿線があることに気付く。
ノーーー!!!
新宿線なら一本で住吉までいけるじゃないか!!
もっと早く気付けよ!!

というわけで、住吉へ。
すると、テニスはとっくに終わっていて、錦糸町で飲んでいるとのこと。
住吉から錦糸町へテクテク歩く。

途中、ラーメン屋があって、なんか惹かれたので、ふらりと入って食べる。
お店の名前は忘れたが、かなりおいしかった。
今度、行くときがあれば、ちゃんと名前を控えておこう。

で、錦糸町で飲んで、終電近くで帰る。
その頃にはダイヤは乱れていたけど、全ての電車が動いていたので。
ダイヤが乱れていた割には、終電の時間は変わらなかったなぁ・・・。

2005年7月15日

サマージャンボが今日から発売!

もちろん、買いましたよ!

銀座の例の売り場で!

でも、1番の窓口はすごい行列だった(40分待ち)ので、3番の窓口で買いました。

吉と出るか凶とでるかは、お楽しみ♪

ゆべしのところで紹介されているガンダム占いをやってみた。

ゲルググ・キャノン でした。
(超マイナーだ、みんな知らなそう・・・)

特徴:
高機動性と後方支援適性を混在しているアナタは、人ごとに対応が異なる、多面的でつかみどころのない人。理論的で知的好奇心が旺盛な高性能機です。また、エースパイロットに優先配備されただけあって、人脈、コネを多く持っています。ただし、その関係も、じつは表面的なモノが主。もしかすると、誰に対してもその場しのぎの言動をくり返しているせいかもしれません。

基本性格:
エースパイロットに優先して配備されたと伝えられるゲルググ・キャノンくん。エースの必要条件は判断力です。だからアナタもつねに物事を客観的に判断できるクールさを持ち合わせ、物事を理路整然と解釈する能力にも富んでいます。また、知的欲求が高いため物知りで、万人に話題を合わせることが可能です。そのせいか思いもよらないような強力な部隊とコネがあったり、意外なパイロットから好かれていたりと人脈が豊かです。


マキモが挙げているカバラ数秘術もやってみようかと思ったけど、リンクがないのでわからん。。検索するといろいろ出てくるけど、どれだ?

2005年7月10日

家の近くにあった POLYPHONIQUE BAR は、残念ながら今年の3月くらいになくなってしまったらしい。そんなに頻繁に行っていたわけではないけど、かなりお気に入りだったので、とても残念だった。
チーフ(ここではマスターではなく、チーフだった)は若いのに穏やかでいい感じの人だったし、曲の趣向も近く、しかもカープファンということで、かなり親近感を持てていた。
さらに、かかっている曲とかがかなり僕好みで、ダーツもあり、ゲーム機もありとかなり楽しいスペースだった。常連さんも僕にダーツを教えてくれたりと、いい人だらけだった気がする。

で、その跡地に照明がついていたので、復活したのか別のお店が入ったのか、確認がてら、行ってみた。窓側のネオンが POLYPHONIQUE BAR だったので、期待していたのだが、別の店だった。

CROCODILE という南国系っぽい内装のダーツバーだった。
かかっている曲もジャングルとかレゲエっぽい曲だった。
メキシコ人ぽいお兄ちゃんと中国人ぽいお姉ちゃんの二人でやっているようだ。二人とも日本語はそれなりに上手だった。
お酒の種類はかなり減ってしまっているようだ。とくにウィスキー系がすごく少なそうだった。

悪くはないが、POLYPHONIQUE BAR の頃の方がよかったなと思う。
好みの問題だけど。

POLYPHONIQUE BAR に、Underworld の Born Slippy のオリジナルのレコードを持っていくというのを果たせなかったのが、とても悔やまれる。

2005年7月3日

マキモからミュージックバトンを渡されてしまったようだ。
なぜ、バトンを二人に渡しているのかが分からないが・・・。二つあるものなんだろうか・・・?
一週間くらいバトンを落としてみるというのも考えてみたが、タイミングよく、書き溜め分を書いていたので、ついでに書いてしまおうと思う。

ミュージックバトンとは、以下の質問に答えて、次の人に振るらしい。
 ①PCの中の音楽の容量は??
 ②今、聞いてる曲は??
 ③最近買ったCDは??
 ④よく聴く、または思い入れのある5曲は??
 ⑤バトンを渡す人

①PCの中の音楽の容量は??
マイミュージックの下(主に iPod shuffle 向け)は 8.8GB でした。
もう一つの下(昔、MP3にしたやつ)は10.2GB でした。

一部重複しているので、前からまとめようまとめようと思いつつ、そのままです。
しかも、まだ取り込んでいない CD が3倍以上あるので、全て取り込んだら、そこそこな量になると思いますが、将来取り込むかどうかは分かりません。

②今、聞いてる曲は??
日曜の優雅な夜、ということで Sarah Brightman の harem というアルバムが流れているようです。どの曲かはちょっと分かりません(いちいち見るのが面倒なので)。
あ、これはPCじゃなくてちゃんと プレーヤ - アンプ - スピーカ で聞いています。

③最近買ったCDは??
なんだろう?GLOBAL AIRWAVES 001 かな? Trance系です。
Cyber Trance とかとは違う Trance ですっていう主張を聞いて、試してみたのですが、僕にはそれほど差を感じませんでした。まぁ、悪くはないです。無難で自己主張の少ないアルバムですね。

ちなみに、最初に買った CD は Final Fantasy のサントラだった気がします。そのころは邦楽をほとんど聴かなかったので、それ以後に買った CD は クラシックだったりします。

④よく聴く、または思い入れのある5曲は??
Born Slippy - Underworld
これは最高!初めてラジオで聞いたときに、これだ!と思い、すぐにCDを買いに行きました。
いろんな remix があって困ります。とりあえず、一番メジャーな nuxx 以外に、original, telematic を持っています。

I remember you - Skid Row
高校のころに友達に薦められてハードロック系が好きになった原因かな。Skid Row 以外にも Gun's and Roses とか(メジャーなところばっかりだけど)聞いてたな、November Rainとかも好きだな。X とかもそのころだ。

Over - Mr. Children
「顔のわりに小さな胸」っていうのが、当時も今も気になってしょうがないです。因果関係が存在するのでしょうか?

太陽を手に月は心の両手に - UA
UA の曲で一番いいと思うんだけど、UA が有名になる前の曲なので、知らない人が多いのが残念。

Merry Christmas Mr. Lawrence - 坂本龍一
戦場のメリークリスマスは観ていなくても、絶対に誰もが聞いたことのあると思われる曲。月並みになるかもしれないけど、綺麗でかなり好きだ。彼の映画向けの音楽って、気に入るというか、場面をすごくよく表現している曲が多いと思う。ラストエンペラーとか、とくにそうだと思う。で、戦場のメリークリスマスでは、坂本龍一がローレンスの髪をこっそり切って取っておくシーンがいいと思う。

主よ、人々の望みの喜びを - J.S. Bach
バッハの曲って教会音楽のせいかもしれないけど、荘厳さがあって好きなんだよね。クラシックの中でも特に。そのバッハの曲の中で一番好きな曲だな。これはピアノなんだけど、これを自分で弾けるようになったらうれしいなぁ。

⑤バトンを渡す人
さて、誰にバトンを渡そうかな。一人じゃなくてもいいらしいから、同期とそれ以外に。

一人目は、みの

二人目は、あやのお嬢様

頑張って書いてみてください。

みのによると、5人にバトンを送らなきゃいけないらしい。完全にねずみ講だな。
というわけで、

3人目は、たけるこ

4人目は、ばっしー

5人目は、漫画ねっせ

バトンを長い間落とさないようにお願いします。

昨晩は久しぶりに実家に泊まったので、帰りに渋谷を通って帰ってみた。
セール中らしいので、ぷらぷらと中を覗いてみた。

けど、とくに何も買わずに帰ってきてしまった・・・。
いちおう、欲しいものもあったんだけど、決心できずに買えなかった・・・。

とりあえず、欲しいものリスト:
・サンダル
・シャツ
・パンツ
・革の靴

↑どれも具体的にどんなもの、というイメージがないので、買うときにも困るし、自分が欲しいのはこれなんだろうか?と悩んでしまい買えない、というのがいつものパターンだ。逆に、自分の中でイメージしすぎてしまうと、ストライクゾーンがすごく狭まってしまい、よさそうでもイメージにマッチしないという理由で却下になってしまう。そして、散々探し回った割には、成果0で凹む。

2005年6月28日

先週、キャッシングをつけてもらったんだけど、10万円だった。
解約したカードの方は50万円ついていたのに・・・。

疑問に思って、電話してみた。すると、ますます意味不明なことに。

キャッシングの限度額が50万円だった記録はないですね、

とか言われた。
そんなはずはない。先週窓口で確認してもらったときは50万円だったし、毎月届く明細書にも50万円と書いてある。なのに、その記録がないなんて、考えられない。しかも、10万円から30万円になって、また10万円に下げているとか、よくわかんないことを言ってきた。

なんで、そんなことになっているのかがとても不安だ。審査のところと、窓口や明細を印刷する部署と、持っている顧客の信用情報が違うのだろうか?信用がとくに重要視されるカードに於いて、情報が矛盾しているなんて、会社として信頼していいものか、考えてしまう。

2005年6月27日

腕時計を欲しいと昔から思っている。
すごく気に入った最高で自分がどうしても欲しいと思える腕時計を一つだけ見つけて、つけたいと思っている。

が、なかなかそんな腕時計にはめぐり合えていない。
どんな腕時計ならいいのかすら分からない。
たまに腕時計を見たりするけど、どれも琴線に触れるものはない。

ところが、ついに見つけたかもしれない!
現物を見たんじゃなくて、雑誌に載っているのを見つけたんだけど、これ↓。

Vacheron ConstantinTour de Lile

これはとてもいい!
すごく欲しい!
人生で、こんなに欲しいと思った腕時計はない!
なんとか手に入れたいと思う。
この腕時計があれば、他の腕時計はいらない!!
まずは、現物を見てみたいし、試着してみたいと思う。

が、
・限定8本

まず、これがネックだ。日本での販売はなく、ジュネーブまで買いに行かなければ行けないらしい。どうだろう、いいかな?とか試着している暇もなく、一瞬で売切れてしまいそうだ。

さらに問題が、
・価格未定

未定なのが問題なのではなく、価格そのものが問題である。この時計は、世界最高級の腕時計だと思われる。なので、相場的に考えて、最低でも 3000万円はすると思う。もしかしたら、3000万円とかは安くて、1億円以上するのかもしれない。
現時点では、まったく手の届かない 腕時計 なわけだ。

Vacheron Constantinのホームページを見ていると、250周年の記念オークションで Tour de Lile が出たらしい。落札価格は、1,867,250 スイスフラン だったらしい。1スイスフランが86円として、日本円で1億6000万円だ。

ステキ♪

誰かプレゼントしてくれないかな。

2005年6月23日

同期の焼肉仲間の奈緒ちゃんのお誕生日会でした。
もんちゃん企画のトリプルサプライズが大成功でした。

仕事でかなり遅くなったので、サプライズに参加できないと思っていたんだけど、主役も仕事で遅くなったらしく、ちょうどでした。

せっかくなので 2次会に焼肉を提案してみましたが、やっぱりみんな健全な社会人だったのと、終電が近いという理由で、却下されてしまいました。

帰りに集団で立ち話をしていたら、つい先日、会社を辞めた同期にばったり遭遇。もう一人、会社を辞めた同期を見かけたような気もしたけど、自信がなかったので声をかけられませんでした。

とあるクレジットカード会社のクレジットカードを2種類持っていた。
1枚はそのカード会社のポイントが貯まる。もう一枚は飛行機のマイルが貯まる。
それぞれ限度額は微妙に違うが、同じクレジットカード会社なので、利用可能額は連動している。つまり、本当の利用可能額は、各カードの限度額以外に、以下の条件が加わる。

・2枚のカードの利用額の総計が、限度額の高いほうのカードの限度額以下

なので、2枚持っていてもほとんど無駄なわけだ。
年会費を取られるわけでもないので放っておいたが、無くしたりするリスクを考えて、一方を解約してみた。タイミングよく、Master Card で カード情報が大量に流失したらしいが、今回の件とはとりあえず無関係だ。

で、残ったカードのほうにはキャッシングをつけていなかった。
日本にいる分にはあまり困らないのだが、海外に行くときに困る。
というわけで、キャッシングをつけてみた。
キャッシングの限度額はもう一方のカードと同じ額。
そしたら、審査の電話がかかってきた。
どうやら、まだ学生で登録されているため、問題があったらしい。
今の勤務先を伝えてOK。

もう一方のカードでは学生時代からその限度額だったのに・・・。
その頃はOKで今がダメな理由がよく分からなかった。
まぁ、いいけど。

2005年6月21日

週末に MTV で MTV Movie Award 2005 をやっていた。

MTV Movie Award では、オープニングに最近流行の映画のパロディをやるらしい。
前に見たときは、Matrix Reloaded のパロディをやってて面白かった。
かなり頑張って作られていた。
このパロディは Matrix Reloaded の特典映像として、DVD に含まれている。

で、今年は Star Wars Episode III だった。
たぶん、クライマックスの火山(?)のシーンとか出てきてた。
まだ観ていないので、すぐにチャンネルを変えてしまったが・・・。

もー、MTV も考えて欲しいよな。

いよいよ今週末だ!

2005年6月20日

ドリームジャンボ宝くじ当選発表は先週の火曜日だった。
すぐには結果を見ずに、少しあたためて、週末にチェックしてみた。

・・・
・・・
・・・

かすりもしなかった・・・

6000円が600円。

何かの見間違えではないだろうか。

やっぱり国家的な陰謀で、番号を変えられてしまったのではないだろうか。


数々のプランが・・・・、

ただの妄想に堕ちた瞬間でした・・・・。

サマージャンボの発売は7月15日からだ!

2005年6月18日

UFO

日清のカップ焼きそばの UFO の由来は
・うまいソース
・太い麺
・大きなキャベツ
らしい。

この由来は本当だろうか?こじつけのような気がする。

週末、特に予定のない暇な朝の食事となることが多い UFO 。
カップラーメンほど油っぽくなく、作るのが楽なので重宝している。

ところで、世のお嬢様は、カップラーメンは食べたことがあっても、カップ焼きそばは食べたことがない、ということが多いようだ。今のところ、サンプル数は2。
一人は奈緒ちゃん。先月、うちでおなかをすかしたため、カップ焼きそばを食して克服。おいしい作り方も伝授(したはず)。
もう一人はみぽねぇ。今週のR25を読んでこのネタを教えてくれた。今度社内便でUFOを送ってみようかと思う(きっと迷惑なので、オレンジのときにでも手渡しで・・・)。

せっかくなので、カップ焼きそばのおいしい作り方をご紹介しようと思う。
基本的な手順は、パッケージに書いてある手順と同じである。
・ふたを線まで開けて、ソースと青海苔を取り出す。
・熱湯をたっぷり注ぐ。
・注ぎ終わってから、1分30秒ほど 待つ。
・ふたの上にはソースを置いておく。
・1分30秒ほど経ったら、線までふたを開いて、中の麺を箸でほぐす。
早すぎるとほぐれにくいが、遅すぎるのもよくない。
ちょっとかき混ぜるとほぐれるくらいがちょうどよい。
・ほぐしているうちに2分くらい経つので、湯きり口をはがして、お湯を捨てる。
途中で様子を見たりしない、一気に流す。で、しっかりきる。
・勢いよくテーブルの上に置く。こうするとふたに付いたキャベツが落ちていい。
・ふたをすべてはがして、麺を軽くかき混ぜて、水分を飛ばす。
・ソースを満遍なくかけ、間髪おかず、すぐにかき混ぜる。
ゆっくりしていると、一部分に染み込んでしまったりするので注意。
・麺がすべてソースで染まったらOK、青海苔をかけて完成!

最低限必要な部分はこれで押さえられていると思う。
カップ焼きそばによっておいしく作る方法が変わってくるので、気をつけよう。
特に、ペヤングソース焼きそば は奥が深い。上に挙げた方法ではダメだ。
ちなみに、ペヤングの由来は、「ペア+ヤング」 らしい。

今、ホームページを探してみて驚いたのだが、ペヤングソース焼きそばの製造元は、「まるか食品株式会社」というのだが、この まるか食品株式会社 ではないようだ。ペヤングソース焼きそばの「まるか食品株式会社」はホームページを持っていないらしい。

美帆がネイルサロンに行っている間、渋谷でロフトとかをぶらぶらしてた。
美帆のネイルが終わってから合流し、今日は気持ちいい気候なので、自由が丘あたりのオープンテラスのカフェでお茶でもしようということになり、自由が丘へ。

自由が丘のスイーツフォレストというラーメン博物館のお菓子版みたいなところに行ってみた。
すごいね、ケーキだらけ。しかもほとんどその場で作っている。
いい匂いがしたりして、いろいろ惹かれるけど、1つ2つ食べたらもういいっていう風になっちゃうんだろうなとか思いながら、中を歩き回ってみた。結局、中では食べなかった。

同じ建物のテラスのあるカフェでケーキ&紅茶。
気持ちいい午後のひと時でした。

2005年6月13日

テニス合宿の帰りに、余った養命酒を引き取った。

で、飲まないで放置しておくのもなんとなく気が引けるので、
夜、家に帰ってきて疲れたなーと思ったら飲んでみるようにしている。
ほんと、漢方薬みたいな感じ。
ユンケルみたいな薬だと思って飲んでる。

正直なところ、効果のほどはよく分からない。

が、余命占いをやってみると 一週間前と比べると、
17日ほど余命が伸びていることが分かった。
すごい!養命酒!

会社に入ってからの全てのボーナスは、パーっと使っているような気がする。
去年の夏は、液晶テレビとかAVアンプとかいろいろ買って、むしろ赤字?みたいな。
去年の冬は、なんかよくわかんないけど、ボードのウェアとかで、なくなってた。
現金とカードの両面作戦をしてしまったらしく、ジワジワと効いてくる減り方をしてた。

で、今年の夏のボーナスも入った。
今年は、堅実に、使うのではなく、増やす方向で頑張ろうと思う。

そう、投資である。
先日、実家に帰ったときに父親に本を借りたのもそのためである。

2005年6月12日

昨晩は、久しぶりに実家に帰った。
で、父親に、株とか投資をやってみようと思っていて、その前に勉強したいんだけど、
なんかいい本ない?と聞いたら、けっこうゴッツイ本を数冊、貸してくれた。
重かったので宅急便。

そんなに勉強する時間を割けないから、ボチボチやりながら読んでいこうと思う。

2005年6月10日

梅雨入りしたらしいね。

なんか早いような気がするけど、例年よりは遅いらしい。
去年と比べると早いのかな?遅いのかな?

2005年6月8日

無観客試合の北朝鮮戦、2-0で日本勝利!
W杯決勝進出だ!

リアルタイムでは見てなかったのが残念だけど、うれしいね。

りえこねぇお薦めのあなたがつぶやく最後の言葉をやってみた。

  あなたがつぶやく最後の言葉は「あなたに会えてよかった」です。
  晩秋の夕暮れの中、人生のパートナーの手を握りしめ...(推定年令:78歳)

だそうだ。
本当に、最後にこんな台詞を言えたらかっこいいな。
悔いのない人生だったんだろうな。

推定年齢からすると、あと倍以上生きれるらしい。

2005年6月7日

午前中、会社で健康診断でした。
昨日、21時以降にご飯食べちゃったし、お酒も飲んじゃったけど・・・。
身長は去年と1mmも変わらず、体重は4kgくらい痩せた。体脂肪率も-2%。
でも、今朝計ったときは、体脂肪率はもっと低かったんだけどなぁ。

視力は、去年、なぜか悪かった右目の遠くが回復していた。
左右遠近どれも 1.0~1.2 だった。
検査のおばさん曰く、上下は分かりやすいけど、左右が見にくそうね、とのこと。乱視か?
このおばさん、僕が言うたびに、当り!とか惜しい!とか言うんだけど、なんなんだ?
外れると、惜しい、もう一回!とかっておかしくない??

血液検査もあるので、血を抜かれた。
最後の問診が一番適当だった気がする。

2005年6月6日

6月6日は66星人の日らしく、六本木ヒルズのポイントカード(?)を持っていると、
展望台に無料で行けるらしい。同伴者もちょっとディスカウント。
ということで、美帆がカードを持っていたので、同伴者として行ってみた。
すごい眺めがいいね。360度全方位見えるし。
今度は天気のいい昼間に行ってみたい。

そのあと、南翔饅頭店で小龍包。おいしかったー。

2005年6月3日

Star Wars Episode III の先々行上映は6月25日。
で、六本木ヒルズのVirgin Cinema での予約受付開始は 6月4日かららしい。
なので、交渉人を観た帰りに12時過ぎて携帯でチケットを取ってみた。

途中で繋がらなかったり、エラーになったりしたので、結構混んでいるのかな?
でも、なんとかゲットできた。楽しみだ!

2005年6月2日

眞鍋かをりにトラックバックで!


2番でした
惜しかった、時間が同じだから、本当に数秒差だったんだろうな。
見たときはまだ誰もトラックバックしてなかったのに。

で、テレタビーズ。
学生時代、研究室のボスが「これは流行る!うちの娘が大好きなんだ!」と主張していました。

思うに、接触が悪くなったのではなく、宇宙から電波が届いて魂が宿ったのだと思います。
そろそろ、おなかのテレビの電源が入りますよー。

2005年5月31日

ばっしーにせっかく教えてもらったのに、先週、Tarzanを買い忘れた!!
と思ったら、2週間に1回なのね。
というわけで、忘れずに帰りに買っておいた。

そういえば、最近、腰がコッてるんだよなぁと思ったので、
腰に効くTarzanをないかなとバックナンバーを見てみると、あった
が、バックナンバー売り切れらしい・・・。
やっぱりみんな腰痛なのかな・・・。
誰か持ってないかな・・・。

母の日は僕が担当したので、父の日は妹に任せるので、メールを出した。

> > まだ先だけど、父の日は任せた。
>
> おっけー!
> いっつもつい忘れちゃうんだよね。
> 確か1週目か2週目の週末なんだよね。

第三日曜日だよ・・・。

そりゃ、いつも忘れちゃうよな・・・。

2005年5月29日

最近、豚のポイントが上がってきている。
さらに、食べたい牛カルビ弁当が食べれない。

そんなわけで、今晩はセブンイレブンの豚カルビ弁当。
豚な部分以外は牛と同じ。
気分的には、牛丼ばっかり食べてた吉野家で豚丼を食べた感じよりはマシ。

ハムマカロニサラダと一緒に食べたらおなかいっぱいになっちゃったよ。

2005年5月26日

昨日から Google AdSense をつけている。
blog のページじゃなくて、他の僕のページにも付けてみた。
1日で約1000回ページが表示されていて、10回クリックされたらしい。
つまり、1%だ。
そして、その稼ぎは 0.53ドルだ。
1回0.05ドル、5セントということになる。
ただ、クリックによって値段が変わるので、あくまで平均。

20回クリックで1ドル。
100万円(1ドル100円計算で)稼ぐには、200,000クリック必要だ。
アフィリエイトとは違って、商品を購入する必要はない(その分、報酬は少ないわけだが)。
だから、とりあえず、クリックされればいいわけだ。
で、1%の人がクリックしているわけだから、20,000,000 回アクセスが必要なわけだ。

AdSenseを置いたページの今までの合計ですら、10,000,000 行ってない(ページによってはもう5年以上になる)わけだから、かなり先の話だな。それなりの金額を稼ごうと思ったらアフィリエイトかもしれないと思った。

2005年5月25日

なんとなく、Google AdSense を入れてみた。
うざかったらそのうち消そう。
まだ公共サービス広告なので、クリックしてもお金にはつながりません。

↓昨日の背筋のネタに反応しているらしく、背筋の広告が出てる。
とっても押してみたいけど、サイト運営者は自分のところの広告をクリックしちゃいけないらしいので我慢。

昨日、一昨日は、薬飲んで寝たりとか、睡眠時間帯が不規則だった。
そのせいか、今日は6時半くらいに目が覚めた。
二日も会社を休んでいるので、今日はさすがに行こうと思っていた。
幸い、熱も昨日よりは下がっていたので、8時前には出社。

空調がよく効いていて寒い!
会社に置きっぱなしにしてあるブルゾン(みたいなやつ)を着ても寒い。
(やっぱり治っていないからだろうが・・・)
しかも、みんなに寒いの?まだ治ってないの?みたいに言われる・・。
しょうがないけど・・・。

まぁ、会社に来た割には悪化しなくてよかった。
あと、すごーく眠かった。

2005年5月24日

たぶん、風邪じゃないと思うんだけど、昨日から体調がよくない。
肩が寒くて頭が痛くて体温が6%増し。
ユンケル・パブロンなどのおかげで、
今日は昨日よりはマシな気がするが、体温は5%増しくらい。
のん気に寝てる暇なんかないのに・・・。
こういうときはやっぱり頑張って出社してみるべきかな。
午後から頑張って行ってみるか。
でも、頭が働かないかもなー。あー、そこを頑張らなきゃいけないのか。

なんか体調不良で有休使うのってもったいないよなー。
常に健康でいたいよ。

あと、最近、腰が痛い。
背筋を鍛えるといいらしい。
簡単に効率よく背筋を鍛える方法はないかな。

2005年5月23日

ようやく、テンプレートとかを大幅にいぢってみました。
基本的にデザインセンスとかないので、Dr.blog のテンプレートをベースにしました。

思ったより爽やかな感じで、自分としてはなかなかいいかな、と思うんだけど、どうかな?
字が小さい上に、グレーで読みにくいな。

2005年5月21日

今日は毎年恒例の誕生日でした。
泣いても笑っても毎年やってきます。
正直なところ、あんまり歳をとりたくないんだ。
年齢というよりは、体力とか元気さとかがなくなって、考え方が老けていくのが嫌。

唯一の楽しみは祝ってくれる人たちがいるってことだ。
前日からカウントダウンっぽく(カウントダウンそのものは忘れていてしなかったけど)みんなで飲んだ。
しかも、ろうそく付きのケーキとかまでも出てきた。
その後も、うちでマッタリだべったり、ゲームしたり。
次の日もマッタリピザ食べたり、頑張ってペペロンチーノを作ってみたり。

とても幸せな一日でした。
こんな奴ですが、これからもよろしくお願いします。

2005年5月20日

30になったのは去年だった気がします。
今日は最終日のようです。
なんか、あっという間だったな。

と、思ってみたり。

2005年5月18日

先週末くらいから、タバコを吸うのを止めてみた。
今のところ続いている。
たまに吸いたくなるけど、イライラとかはない。
一番吸いたくなるのは飲み会だが、週末の飲み会は無事越えられた。
仕事中に吸いに行くのもなし。
ただ、この時は自席にじっと座っているのが辛いので、
替わりにコーヒーを買って社内とかテラスを散歩。
タバコを吸うより長い時間ぶらぶらしてるかも。
まぁ、そのうち落ち着くだろう。

いつまで続くかな?

なんか最近、メインの仕事以外のネタが妙に刺激的だ。
しかも、そのネタが一つや二つじゃない。
他のネタに入れ込んでいるわけじゃないから、実害はそんなに大きくないけど、
メインの仕事中に上の空になることがある。

なんか面白いな。

2005年5月16日

こんなプラグインが欲しいな、リスト
・右に出てくるBookmark管理プラグイン
・アクセスカウンタ、アクセスログプラグイン

どこかにないかな?

正直なところ、自分でいろいろ頑張るよりも、
ドリコムとかグーとかLivedoorの方がいい気がしてきた・・・。

2005年5月15日

5年ぶりに免許を更新してきた。日曜日にやっている二俣川へ。
思ったより時間がかかった。
更新時講習を本当に30分受けなきゃいけなかったし、講習まで20分待ちとか・・・
前回は鮫洲で、平日だったんだけど、
講習は部屋に行って資料をもらうだけでOKだった気がするんだけどなぁ・・・
厳しくなったのかな?

2005年5月10日

気付いたらコメントスパムが付いてた。
しょうがないので、とりあえず消した。

でも、また来そうだから、小川さんのQuasi-Spam Filter Pluginを入れてみた。

あー、でもコメントスパム消しちゃったな。
とりあえず、パターンはデフォルトで様子を見よう。

やっぱり、goo とか livedoor とか ドリコム とかを使うほうが楽なのかなぁ。

2005年5月9日

「あきら (15:25) - 今ならマナベカオリのトラックバック一桁取れるぞ」

ミーティングとかあって、このメッセージを見たのは3時間後・・・。
ホリタクやバッシーの遥か後ろ、後塵を大量にかぶってしまった。

まぁ、それはいいとして、乙葉より眞鍋かをりだろ、圧倒的に!

僕としては、乙葉はかなりどうでもいい。
もし、眞鍋かをりが藤井隆とだったら、かなりダメージはでかかっただろう。

そういえば、連休中にウソツキチーターで眞鍋かをりを見た。
番組側が狙ったのが、ウソツキチーターになっててかわいそうだったな。

しばらく更新していなかったので、いまさらで申し訳ないが、アキラの「春眠不覚暁」に関して。

「ユーザーを眠らせない」ためだけのシステムでは、解決できないと思われる。
つまり、アラーキーの言う「ユーザーはいずれ慣れる」という人間の適応能力の高さだ。
ユーザーはいずれ、あらゆる眠らせない行為に慣れる、
もしくは眠らせない障害を取り除くことを睡眠のフローに取り入れてしまうと思うのである。

そこで、「ユーザーを眠らせない」のではなく、
「ユーザーに、もう起きようかな、思わせる」のがいいのではないか。
そこにユーザーの意思の尊重というものを存在させるのである。
Matrix で アーキテクトが言うように、「選択」つまり、自分の意思が尊重されていると思えれば、
人間はそれを比較的容易に受け入れてしまうのである。

さて、長くなってしまったので、「ユーザーに、もう起きようかな、思わせる」手段については、
また次の機会に述べるとしよう。

2005年5月8日

3月の途中から溜めてたのを一気に書いてみた。
よく覚えていなかったりするので、かなり適当。
適当すぎて書かなくてもよかったくらいだ・・・。

これからは溜めないようにしよう。

20050508.jpg
今年はこんな感じの花を贈ってみました。
カードは定型文だけだったので、妹に頼みました。

喜んでもらえたようでよかった。
いつも感謝しております>母上


2005年5月7日

牛カルビ弁当、期間限定だったのか・・・。
食べようと思ったら売ってなかったよ・・・。
また復活してくれないかな・・・。

豚カルビ丼なんかいらないんだよ!

2005年4月29日

そうそう、地域限定だと思ってたセブンイレブンの牛カルビ弁当。
家の近くのセブンイレブンで売ってた!
もちろん、買って食べたよ!
いやー、牛カルビ弁当はやっぱりセブンだね。

2005年4月27日

先日、いまさら、FF10をもう一度やってみようと思い立ってみた。
全てやるんじゃなくて、ラスボスだけ。
そしたら、クリアできなかった・・・。

しょうがないので、最強の武器を手に入れたりしてあげた。
そしたら、余裕でクリアしてしまった。
もういいな。

FF10-2やらなきゃ・・・。
発売日に買ったのに、最初のセーブポイントまでしか行ってないや・・・。

2005年4月25日

セブンイレブンで牛カルビ弁当が復活してる!と喜んでいたら、地域限定だった・・・。
http://www.sej.co.jp/shohin/new/week5/item01.html

しょうがないから、また、サンクスのおいしくない肉の固い牛カルビ弁当にしました。
塩分多すぎでいかにも体に悪そう。

2005年4月8日

3年目になったので、初心を思い出して早起きをしてみた。
どのくらい続くかな?

2005年4月7日

みぽねぇとみぽねぇお薦めの中目黒の目黒川沿いで夜桜を楽しんできました。
電車で見える範囲しか知らなかったけど、すごいたくさん桜の木が植えてあるんだね。
びっくりした。あのくらいあるのはいいね。

そのあと、焼肉。しづるに行こうと思ったら、やっぱり混んでいた。しょうがないので、駅近くの花炎坊(?)というお店。ふつうだった。

2005年4月6日

リーダーが旅行土産でとうきびチョコをくれた。
さとうきびのチョコだと思い、沖縄に行ってきたんですね、と言ったら笑われた。


北海道だったのか・・・・正反対じゃん・・・。

2005年4月3日

伊豆へ同期20人でお花見合宿。
小田原辺りの渋滞が嫌だったので、けっこう早く出たけど、ガラガラだった。
桜の里に行ったけど、やっぱりまだ早かった。
伊東桜は咲いてたけど、ソメイヨシノは2分咲きくらい。
なんとか山に登ったら、眼下に、つぼみでピンクっぽく見えていると思われる桜の木がたくさん見えました。
全部咲いていたら綺麗なんだろうなぁ・・。
で、適当に遊んで、温泉に入って、BBQして飲んでました。

で、帰った次の週から、花見に行った20人のうち、10人が風邪などで会社を休んでました。
なにがやばかったんだろう??

2005年4月1日

3年目だ。
こんなのでいいんだろうか?

2005年3月27日

会社を辞める同期の送別会と異動する同期のお祝い会のプレゼントを探しに行く。
けっこういろいろ回ったけど、期待していたものが結局見つからなかった。
でも、まぁ、いい感じのものが見つかってよかったけど。

2005年3月20日

同期の結婚パーティに行ってきました。
案の定、幸せそうでした。
けっこう知らない同期が多かったです。

残念ながら景品はゲットできませんでした。
そのあと、オレンジでお茶して、コージローと渋谷で飲んで語って帰りました。

2005年3月18日

全三話、観ました。
きっと、うわべだけでほとんど理解できていないと思いますが、なかなか面白かったです。
量子コンピュータをひも理論を使って説明してくれたら面白いかなぁとか思った。

>あやの嬢(反応遅くてごめんなさい)
ブルーバックスのでは分からないのかー。なんかお薦めないですか?
録画したので、もし観たかったらお貸ししますよー。

2005年3月16日

NHK BS で今日からやってる ひも理論 のドキュメンタリー。
それなりに興味があるだけに面白かった。
いまさら勉強する気にはならないけど、関連する本を読んでもうちょっと詳しく知りたいと思った。
適当な本がなければ、ブルーバックスとかでもいいや。

ひも理論って、昔、超ひも理論(Super String Theory)と言われてたものと同じなんだよね?
初めて聞いたのは高校のころだ。
大学に入ってからもあまり認められておらず、トンデモ系な印象があったけど、
最近はけっこう認められているってことなのかな?

3夜連続なので、今晩と明晩も見ないと。

2005年3月15日

久しぶりにマッサージに行ってみた。たまに行く近所の店。
全身ってことで、60分くらいやってもらった。

いやー、マッサージっていいね。本当に体が軽くなるよ。
今回は、首の部分のマッサージがかなりよかった。
でも、全身で60分はあっという間だった。
もうちょっとやってもらってもよかったかも。きりがないけど。

前回入ったのは去年の9月らしい。半年振りくらい。
癖にならない程度に、2,3ヶ月に一度いって施術してもらうのがいいかもなー。
やっぱり、身体は大事だからな。メンテナンスってことで。

2005年3月14日

テンプレートをいぢろういぢろうと思いつつ何もしていない。
殺伐としてなんか寂しいので、前に使ってた Harbot を連れてきてみた。
いまさら Harbot かよ、という気もするが、まぁ、いいか。

2005年3月13日

今回は連番10枚に賭けていたのだが、かすりもしない。
300円也。

あぁ・・・・・。

2005年3月3日

都内の飲み会に参加しやすいように、
借り上げに切り替わるこの機会に都内への引越しを考えていたけど、
・高い
・狭くなる
・通勤時間が数倍になる
などの理由から断念。

グリーンジャンボで一等が当たったら、セカンドハウスでも借りてみる方向で・・・。

2005年2月19日

金曜日・土曜は研究所の新年会旅行で熱海にある会社の保養所(温泉付き)へ。

金曜日は有休を取って、10時過ぎに会社を出発して向かう。
途中、海沿いの海鮮料理屋で刺身定食。
12時過ぎには保養所に到着、12時半くらいからテニス。

研究所にはけっこうテニス好き、テニスがうまい人が多い。
教えてもらいながら、試合などをして、17時半。もう腿が張って、腕も痛い。
天気予報だと、雨かも知れないということだったけど、夕方までは持った。
明日は完全に雨で無理だから早く来てたくさん打とうと言ってたけど、ほんと疲れた。
しかも、すごく寒かった。昼過ぎは動いていれば暑かったけど、日が落ちてくると、動いていても寒い。

テニスが終わったら温泉に入って疲れを癒す。
マッサージもしてもらいたいくらいだったけど、按摩さんがいないので、マッサージチェアで我慢。
そして夕食。食堂は80人くらい参加しているので、貸し切り状態。
この保養所の料理はなかなかおいしい。
1泊5000円でこの料理はすばらしい!っていうくらい。

夜は、GT4大会と宴会。
GT4大会は、6台のPS2 (BBUnit付き)とGT4とハンドルを持ち寄って、ネットワークで繋いで対戦。
大会という割には勝ち抜き戦とか優勝とかなく、みんな適当に交代して遊ぶ感じ。
プロジェクタに映した大画面+ハンドルでやっているせいか、なかなか面白い。
一式欲しくなるくらい。ただ、ハンドルは2万円と聞いてやめとくことにしたけど。

宴会はふつーに宴会。酒飲んで話して、適当にカラオケ歌ってって感じ。
テニスで疲れていたせいか、やたらと酔いが回った。
1時くらいに部屋に戻って爆睡。

翌朝、9時前に、朝食の時間が終わっちゃうよ!で目が覚めた。
思いっきり酒が残っていて気持ちが悪い。久々の二日酔いだ。
お米がなくなっていて、パン。
ハムエッグを食べたらよけい気持ち悪くなって、部屋に戻って二度寝。

10時くらいに、友達の車が出発するということなので、頑張って起きて帰る。
車の中では思いっきり死んでた。
昼くらいに帰り着いたときにはちょっと回復したけど、また寝た。
その日の夜の別の飲み会は断念。

体が疲れていると酒が回るだけじゃなくて、残るんだなぁと実感。

2005年2月13日

テニス後に、マッコリ大会をホリタク邸でやろうと言ってたんだけど、ちっとも集合しない。
なので、ホリタクと二人で立ち食いの焼き鳥屋で時間を潰す。
潰しきれずホリタク邸でキャシャーンを観る。
ぽつぽつ集まってきたので、ピザを注文して、マッコリ大会。
僕は二東、スーザンは農酒を持ち寄った。
どちらもおいしいが、二東の方が好みかなぁ。

2005年2月9日

ワールドカップ最終予選、日本対北朝鮮戦を、友達の家で観る。
その友達の誕生日会も兼ねている。むしろ最初はそっちがメインだった気がしなくもない。
仕事の都合で到着が遅れた。会社を出るころは1-0でいい気分だったのに、
ケーキ買ったりして着いたら1-1でなんだよ、それ!状態。
しっかりしろよ~、日本!とか思いつつ、引き分けかー、と諦めていたロスタイム、大黒が決めて、おっしゃー!!!
あのまま引き分けだったら、祝う気も失せただろうけど、ロスタイムで2-1で勝利確信で、日本おめでとう!誕生日おめでとう!状態。
そのまま試合終了で、気分良く、鍋&誕生日祝い。
うどんじゃなくてホウトウとか入れたんだけど、超おいしかった!
野郎しかいない濃い誕生日会だったけど、充実してた。

あ、ちなみに鍋奉行というか、仕込みも含めて一切合財は祝われる人。
だって、彼は調理師免許を持っているし、野郎しかいなかったんだもん。

そのあと、2時くらいまで飲んでいたので、なんとなく1時間くらい歩いて帰る。
帰り道、地元にいろいろ発見があった。

2005年2月5日

有楽町の国際フォーラムでやっている人体の不思議展に行ってみた。
期間を延長するだけあって、けっこう混んでた。
本物の人体があるというので、ホルマリン漬けのもっとグロいのを想像していたけど、
「プラストミック」という方法で標本にしているということで、理科の教科書並みにふつうな標本だった。
確かに構造的にはリアルかもしれないけど、しょうがないのかもしれなけど、見た目的には物足りない。
どこかの寿司屋のように、届いたばかりの標本の解剖・解体ショーをやったら受けるかもしれない。
近くにバケツが必要になるだろうけど。

思ったのは、混んでいたこと。
そんなにみんな人体に、しかも、本物の標本に興味があるのだろうか?ということ。
確かに話題になったので、来る人も多いだろうけど、来た人もそれなりにちゃんと観ている。
適切な処置を施した標本ということで、見やすいのかもしれないけど意外だった。
女の人も多かった。やっぱり人体ってことで興味あるのかな?

これを観た後だと、蟹とか焼肉(とくにホルモン系)は行きにくいかもしれない。
僕はきっと問題なくおいしく食べれるだろうけど。

あと、男性の標本が多かったので、生殖器がブラーンとぶら下がっていたのはおかしかった。
女性の標本は一体だけかな?乳房のあたりがちょっと気持ち悪い、やっぱり皮膚で覆ってあるほうがいいと思った。

2005年2月2日

温泉科学会なるものがあるらしい(ソース)。
とても楽しくて面白そうだ。学会は絶対に温泉地だろう。
学会のホームページがNII にあるのが、他の NII メンバーに対してかわいそうな気がする。
ただでさえ誤解されがちなのに、その誤解に拍車がかかりそうだ。

僕の知っている似たような学会ではソフトウェア科学会SPA があるな。
共通点は温泉地で開催されるってだけだけどね。

眞鍋かをりblog にトラックバックをしてみるテスト。

眞鍋かをり blog は(好みなので)よく見るけど、トミーフェブラリーネタは何回か使わせてもらった。
使い方はいたって簡単で、ちょっと赤いふちのメガネを持っている人に借りて、トミーフェブラリーと言うだけ。
至ってシンプルだが、ウケる人にはウケる。ウケないときはふつーに寒い。

2005年2月1日

僕の常備薬はパブロン、顆粒。風邪っぽいときも風邪をひいたときもパブロン。
たいてい、これでOK。治りが弱いときは二包。ふつうはこれで完治する。
が、今日はそうはいかなかった。今回は、めずらしく、鼻とノドから来たためかもしれない。
しょうがないので、医者に行ってみた。抗生物質でももらって速攻治そうという魂胆だ。
が、どうも、処方箋に抗生物質らしきものが見当たらない。
熱が下がったのはいいが、どうも全快にはならない。。。。

一人暮らしで風邪をひくと不安だという話はよく聞くが、
今回は、歩けるし、食欲もしっかりあるので、むしろ会社を休むべきではなかったのではないか?という気にもなったりする。

2005年1月31日

なんか、体調が良くなかったので夕方くらいに早退してみた。
頑張っていようと思えばいれたけど、はかどらなそうだったので・・・。

そんなことより、部署にめずらしくスノボー土産を買ってみたんだが、これがかなりアンマリでがっかり。
地名入ってないし、しょぼいしで、こんなお土産しか買えない奴なのか!と思われるとショックだ。
たしかに、出発時間が迫っていて、ろくに見ずに、個数だけで判断したけど・・・。

2005年1月19日

blog をスタートしてみました。
面倒なので、とりあえずはテンプレートはいじらずにデフォルト。